ハムかつサンドはたべものです

行くぜ!!日本一の向こう側!!

最後に埋まった1ピース

獲得のうわさが出て約2か月、ついに正式決定となりそうです。

田中賢介 ファイターズ復帰!!(^0^)

外国人補強も活発でしたがどんなに補強をしても野手陣にベテランがほとんどいない状況ではやはり心もとない。有望な若手が多くてもよき先輩がいないと選手が育たない。コーチがいくら有能だとしてもコーチの腕だけでは限界ですからつまづいてしまったときにはとどまることができない、そういう危険性を感じていた来季の構成だっただけにまずよかったと思います。

賢介はまずセカンドでしょうから中島がショートでしょうか。中島が賢介をいい見本となり名手となってくれることを切に願います。マックが賢介を名セカンドに育てたように。

外国人がハーミッダがレフトかライト、レアードが一塁か三塁、中田がレフトか一塁ですから近藤、西川、谷口あたりがベンチに回る可能性があります。レギュラーだと少々心細いですが控えに回ると考えると結構いい層の厚さになってきたようなきがします。

賢介自身はやはり2年間のブランクが気にはなりますし、渡米直前のシーズンでエラーも多くなってきていましたし、全盛期は越えていると危険性は十分考えられます。しかしそれ以上にチームに安定をもたらす存在になってくれる、それだけでも最大の補強だと感じています。

楽天も狙っていたようですが古巣への愛着を抜きにしてもうちのほうがしっくりくるんですよね。楽天のセカンドはGクラブの藤田ですし、彼をショートに追いやって西田をまた控えにまわすのはチームにとってもよくないし。これでお互いによかったとのでは勝手に考えています。

あとはヤクルト、オリックスの保証ですがどちらかでもう一人ベテランで控えクラスでいいからとっておきたいところ。賢介の力は大きいですがアクシデントで離脱する可能性もありますし、そのためにも器用なタイプの選手が取れればいいなあと思っています。

来季は正直期待をかけづらかったんですがこれで期待を持てるシーズンになってきましたね。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1688-0719c1d4

 | HOME | 

文字サイズの変更

カレンダー

<< 06
2017
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

ファイターズ2017 (105)
ファイターズ2016 (195)
ファイターズ2015 (155)
ファイターズ2014 (135)
ファイターズ2013 (200)
ファイターズ2012 (222)
ファイターズ2011 (205)
ファイターズ2010 (216)
ファイターズ2009 (209)
ピッチャーコラム (9)
ハムハムゆるトーク2016 (34)
2015シーズン回顧 (11)
2013回顧 (7)
12年ハム回顧 (65)
11年ハム回顧 (49)
10年ハム回顧 (48)
09年ハム回顧 (41)
野球観戦記2009年完全制覇編 (78)
マスコット (17)
プロ野球 (92)
ハムかつオピニオン (8)
WBC2009 (9)
高校野球 (15)
大学野球 (1)
旅行記 (23)
スポーツえとせとら (11)
ごあいさつ (29)
MOVIE (1)
未分類 (13)
テレビ (1)
WBC2013 (4)
ももクロ (1)
顧客満足度について考える (1)

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村

ついったぁー!!

ゆるりとやってますのでよかったらフォローしてみてください。

ファイターズニュース関連

powered by プロ野球Freak

グーパーウオーク

検索フォーム

野球ブログはこちらから!

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

自己紹介!!

ハムかつサンド

Author:ハムかつサンド
FC2ブログへようこそ!

ファイターズファン歴20年のSHINJO、ガンちゃん世代(笑)という濃ゆーい個性派世代の一人です。ふるさと・ベイスターズも軽く応援していたりしています。

コメントについて

無記名の投稿、記事に関係ない記事は削除させていただくことがあります。 なお一部携帯端末からは投稿できなくなっています

今までの訪問者数

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん