2015年キャンププレビュー 守備編

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2015/01/27(火)
さて前回に続き昨年の回顧をしながらキャンプ前のプレビュー、今日はセンターラインを中心として守備についてです。

どんな監督でもセンターラインの守備は程度の違いはあれど重要視しています。ここがある程度しっかりしていないと投げるほうも安心できないし、周りの選手もしっかり守れない、少なくとも守り主体で考えているチームならまずはここからチームつくりをしていきます。 各ポジション別、昨年の試合数を出しながら見ていきます。

データはヌルデータさんのデータを利用させていただいています。なお網掛けは退団者です。

捕手
捕手
先日のキャンプの一軍メンバーに大野、市川が選ばれませんでした。大野が右肘、市川が腰を痛めており開幕に間に合うかは微妙な状況。なにもなければまずはこの2人でと考えていたところが最悪のことも考えないといけなくなりました。

出場数でいえば近藤ですが彼もどちらかといえば内野手としての起用でしたし、レアードがダメな場合はサードの一番手になる存在。現状は緊急時の対応として考えるべき存在でしょう。捕手守備に不安がありますし。

大嶋、石川亮が一軍メンバーに入りましたが昨季一軍スタメンを果たした石川に期待することになりそう。監督の評価も高そうですしオープン戦ではチャンスを与えられそうです。個人的には荒張にもう少しチャンスを与えてほしいところ。そろそろ見極めをしない時期ですし上のレベルなら対応できるタイプということもあるかもしれません。

大嶋は面白いのですが果たして野球の捕手としてどれほどできるのか?バッティング期待と思いますが捕手争いとしてはう~ん・・なんですよね。
二塁手
二塁

セカンドは中島がポジションを取った昨季でしたが賢介の復帰で彼で決まりでしょう。渡米前も失策が多くなり守備に陰りを感じたこともありましたし2年のNPBでのブランクがどうか?しかし仮に守備力が落ちても経験がありますから内野を引っ張ってくれる存在になることは間違いありません。心配は彼がリタイヤしたとき誰が守るのか?中島が候補ですが彼はショートとして使いたいでしょうし西川は外野になるのか。ショートのポジションに影響がでるので続きはそのあとで

遊撃手
ショート
大引が抜けたショートは中島が一番手でしょう。賢介、中島にアクシデントがあった場合は飯山が控えていますので万一のときはとりあえずOK。しかし二人抜けるとちょっと候補が見当たらなくなります。一軍キャンプ抜擢された渡邊が期待に応えるか、中島を追いやるくらいの動きを見せてくれれば面白いことになりますがまだまだそこまではさすがにいかないか。あと西川がセカンド守備が安心できるレベルになると起用法も広がるような気がします。

中堅手
センター
最後にセンター。ダイカンは鉄板。何も心配していないのですが故障離脱の時の対応がどうなるか。村田が続く存在でしたが退団でちょっと思い当たらないところ。杉谷はポカが多いし谷口もどちらかというとライト。石川慎もライトというタイプです。村田の戦力外は早かったかなという気がしてきます。俊足強肩というセンターが続いていただけに彼の後継者がいないのはチーム構成上の現在の課題です。今季はダイカンが離脱しないように願うだけですね。


という感じでセンターラインについてまとめてみると

第3のキャッチャーはだれが出てくる?

渡邊諒が内野争いに割って入れるか?

ダイカンの後継者現れるか?


こんなところでしょうか?次回は攻撃編です。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1692-159e4fcd
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド