ハムかつサンドはたべものです

行くぜ!!日本一の向こう側!!

ハムかつサンドが順位予想をやってみた2015

オープン戦は相変わらずノーチェックの状態なのですが昨日で2勝目ですね。心配している方も多いでしょうがたかがオープン戦、ここで勝ってもシーズンに有利になるわけではないし、なんせ若いチームだからここで痛い目にあって引き締まった気持ちで公式戦を迎えるほうがいいのではと思います。逆にオープン戦好調で公式戦でボロボロになると低空飛行が止まらないという状況になりかねませんしね。

さて前置きはここまでで今年の順位予想を。まずは各チームの分析から、昨シーズンの順位順に行っていきます。長所、短所をそれぞれにピックアップしながら分析してきましょう。


ソフトバンク

ストロングポイント:充実の野手陣
ウィークポイント:新監督の手腕


昨年の日本一からメンバーは松坂が加わったくらいの構成。攻守とも選手層は厚いのですがやはり野手陣の層の厚さは群を抜いています。一発という面では意外にないのですが首位打者、最多安打受賞者計3人という打線は水物という言葉がこのチームに当てはまりません。それにセンターラインを中心に守備力も高水準ですし、1人2人欠けたぐらいでは攻撃力が落ちないようなメンバー構成。内川の長期離脱があったときくらいですかね、危なくなるのは

投手陣もリリーフ陣は駒が豊富、先発は軸となる存在に欠けているものの頭数も実績もある選手がいるのでやりくりは十分できる面子、こう考えると死角は少ないのですが弱点というより懸念材料は監督交代。

どうも報道だけを見ると自分の色を出そうとしているところが不安材料。盗塁を増やしたいとか内川の4番とか。完成されているチームだけに監督が動きすぎてチームが壊れるという心配もなくはないところ。まあ重箱の隅をつつくような感じではありますが普通にやれば間違いなく優勝候補、Aクラスは固い存在でしょうね。


オリックス

ストロングポイント:投手陣の充実
ウィークポイント:大量補強の副作用



あとわずかで優勝を逃したオリックス。今年こそはということで大型補強を敢行しました。ブランコ、バリントン、中島、小谷野とストーブシーズンでは優勝です。強固な投手陣も打線の強化でサポートという考えは見えます。

金子が出遅れていますが西、ディクソン、バリントン、松葉の先発陣、ブルペンは平野、佐藤、比嘉と強力。投手陣の評価は高かったのですが打線が課題と言われたチームがペーニャ、T-岡田の爆発で迫力が増したのが快進撃につながりました。

ブランコはペーニャの代わりなので分かるんですが中島、小谷野の両獲りでこのチームはどんな野球がしたいのかが見えないのも確か。メンバー次第でいろいろなスタイルに対応できるかもしれないけど結局チームのバランスが壊れただけで終わりかねない。監督の手綱さばき次第でどうにも転びそうな気がします。チームワークも崩れる危険もありますよね・・・。

日本ハム

ストロングポイント:若手の成長
ウィークポイント:ベテランが少ない


上に書いた通りのチーム構成がどっちに転ぶか?若手の成長で想像できない爆発力を生むか歯車が狂うとベテランが少ないチーム構成があだに連敗を重ねるか、どっちの可能性を持っているのが今のファイターズ。一番上から一番下まで可能性があるのはこのチームくらいかもしれません。

先発は大谷、メンドーサ以外は信頼できる投手がいませんが他の投手もここ2年では実績がある投手。2年目のジンクスに挑戦するような投手ばかりですが復活にかけるベテランもいる。まあなんとかローテは回せるという状態。リリーフは一時期の盤石ぶりはないけど駒はまずまずいるかなというところ。

野手陣は賢介復帰が一番大きいです。でも中田とダイカンがどれだけコンスタントに働けるか?それ以外は計算が立ちづらい選手ばかりなので中心だけでもしっかりと機能すれば形にはなると思います。 


ロッテ

ストロングポイント:監督のやりくり
ウィークポイント:世代交代がうまくいっていない

反対にロッテは世代交代がうまくいっていない状況。捕手では里崎が引退しましたが代わる存在がまだまだ出てこない状況。井口もサブローもさすがに厳しいしでも代わる存在もここもいないという状況。デスパイネが昨季同様機能すればまだいいのですが怖い打者がいなくなったなあという印象です。

投手陣もクローザーの西野がはまりましたがあとは中心になる存在がいない印象。涌井や唐川がそうなってくると違うのですがそういう感じがしないんですよね。益田や松永がルーキー当時の出来になると後ろから計算できる状況になるので戦い方も楽になってくるのですがね。

正直戦力分析をするとここ近年は一番下になりそうなチームですがそれでも下にならないのは伊東監督のやりくりの上手さ。足りない戦力をやりくりで何とか戦っている印象で一昨年の3位のシーズンがまさにそんな感じ。優勝争いまではいかないと思いますがAクラスに滑り込みはあるかもという感じです。

西武

ストロングポイント:中軸の破壊力
ウィークポイント:粗っぽさ


西武は昨年は監督更迭があり早々にシーズン終了してしまった印象。そんな状態で2人のホームランキングの誕生と個人能力の高さは見せている状況。その二人に一昨年打点王の浅村がいる中軸は間違いなくリーグNo1。チャンスで中軸に回すと相手は恐怖におののくそんな破壊力です。でも昨季そこまで怖く感じなかったのは粗さばかりが目立つチームになっていること。これだけの中軸の破壊力があればやはり1,2番が機能してくれると怖い怖い攻撃陣になりそうです。

秋山は好不調が激しすぎるし、木村もまだまだ途上。森も捕手としては?だからどこまで打席に立たせられるかは疑問。細かい野球を推し進めようとして失敗した昨年でしたから今まで通り個人能力に頼った戦い方をするか、それとも黄金時代のようにきめ細かい野球に戻すのか?田辺監督の采配が見ものです

先発は岸、牧田まではでてくるのですがその次はちょっと出てこない。菊地も一本立ちしていないしあとは野上くらい。名前が挙げられないところが今の西武の厳しいところです。リリーフも高橋、増田がいますがそこにつながる投手がいない感じです。


楽天

ストロングポイント:エース則本の存在
ウィークポイント:計算できないリリーフ


最後に日本一から最下位に転落してしまった楽天。ここまで崩れると思いませんでしたが中軸が機能しなくなりますとわき役陣も光らなくなるといった好例ですね。ペーニャの獲得が決まりましたが昨季同様やれるかがまずは大きなポイント。そして彼をサポートする選手が出てほしいところ。日本人で二けた本塁打打てる選手が見あたらないチーム構成だからどうしても打線が外国人次第になってしまいます。宝くじ状態ですね。

投手はエースがどんといるのが強み。3年目を迎える則本ですがエースと呼んでいい存在になってきました。あとは彼に次ぐ投手ですが辛島、塩見、美馬などが一皮むけてくると変わるのでしょう。でもなかなかそこまでいっていないんですよね。リリーフはミコライオが離脱で松井が後ろをやるとか。もともと不安なブルペンですが今までで一番ドキドキなブルペン状態になりそうです。はまると面白いんですが大久保監督もギャンブラーですね。

大久保監督就任にはかなり否定的な意見もファンの間で聞こえていました。成績をあげるとその批判もちいさくなるでしょうが躓いた場合どうなるか。ファンの後押しがそのときあるのか、今の時点では監督選択はギャンブル要素が高いところです。


さて各チーム振り返りましたがいよいよ本題、順位予想発表です



優勝 北海道日本ハムファイターズ

2位 福岡ソフトバンクホークス

3位 オリックスバファローズ

4位 埼玉西武ライオンズ

5位 東北楽天ゴールデンイーグルス

6位 千葉ロッテマリーンズ



やっちゃいました。願望丸出しの予想(笑)

応援しているチームが若手の伸び次第って分析していて下の順位にはさすがにできないですよ。でも予想するときにはAクラスは決めていました。それは攻撃の上積み。ディフェンスもまずまずになってきているのであとは得点力ですが西川、賢介の1,2番を中軸が返すという形がしっかり見えているところが優勝に推した一応の要因です。でも一番の要因は

願望です!!(爆)

2位はハムファンでなければやはりこのチームでしょう。このチームのBクラスは想像できない。普通に考えればここが優勝候補筆頭です、間違いなく。

3,4位は迷いましたがオリックス。このチームは内部崩壊の危険もあるチーム作りをした気がするのですが投手陣の安定はリーグ屈指。守り重視で野球を見ているものとしては西武よりは下にできないなと印象。打線が補強した割に機能しないねといわれてここらへんに落ち着くのかなという予想でもあります。

西武の4位はオリックスと逆で投手力が落ちるのとやはり粗さ。戦い方が安定しないシーズンになるような気がしています。それに世代交代をする時期という感じなのでこのチームは今年は育成の年だったといわれる年になるんじゃないかと思います。

5位の楽天は則本の存在です。実は僕は先発、エースの存在はあまり重要視はしていないのですがこの2チームを比較すると則本の存在が絶対的でしょう。あとは似たり寄ったりの印象なんですが楽天のほうが若手で面白そうな選手がいる印象もあるしこちらを上にしてみました。

ロッテは他のチームに勝る強みがないんですよね。若手の押し上げが今のところ期待できない、ベテランは計算できるんですが上澄みがない、それを補うのが若手の存在なんですがそこが期待できないと今季は厳しいシーズンになりそうですね。

参考までにセリーグの予想も。根拠はなくカンです(汗)

優勝広島東洋カープ

2位阪神タイガース

3位読売ジャイアンツ

4位横浜DeNAベイスターズ

5位中日ドラゴンズ

6位東京ヤクルトスワローズ



パリーグの優勝だけでもいいからあたってくれればいいなあ。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください


コメント

順位予想

おお!ファイターズが1位とは!
ハムかつサンドさんにしては珍しく願望バリバリですね(。→∀←。)
でも逆に言うと、その期待が出来るほど、今年のファイターズにはワクワク感があるという事でしょ?
僕もなんですよ。(^∀^)
去年ならさすがに優勝の文字は出せませんでしたもんね。

さて僕も予想するために、そろそろ情報を集めなきゃ。

Re: コンサどんさん

やっちゃいました。願望バリバリ(笑)
浮くか沈むかはっきりしたシーズンになる可能性が高いとみていますが一応ハムファンだしそれならば期待のほうをとってやらないといけません。完成してるソフトバンクは確かに強いですがその相手を超えるのは伸び城が大きいチーム、それがうちと期待しているんですよね。

正直ドキドキよりワクワクが勝っている今です。どこまで続けさせてくれるか楽しみです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1695-a75ee217

 | HOME | 

文字サイズの変更

カレンダー

<< 06
2017
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

ファイターズ2017 (103)
ファイターズ2016 (195)
ファイターズ2015 (155)
ファイターズ2014 (135)
ファイターズ2013 (200)
ファイターズ2012 (222)
ファイターズ2011 (205)
ファイターズ2010 (216)
ファイターズ2009 (209)
ピッチャーコラム (9)
ハムハムゆるトーク2016 (34)
2015シーズン回顧 (11)
2013回顧 (7)
12年ハム回顧 (65)
11年ハム回顧 (49)
10年ハム回顧 (48)
09年ハム回顧 (41)
野球観戦記2009年完全制覇編 (78)
マスコット (17)
プロ野球 (92)
ハムかつオピニオン (8)
WBC2009 (9)
高校野球 (15)
大学野球 (1)
旅行記 (23)
スポーツえとせとら (11)
ごあいさつ (29)
MOVIE (1)
未分類 (13)
テレビ (1)
WBC2013 (4)
ももクロ (1)
顧客満足度について考える (1)

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村

ついったぁー!!

ゆるりとやってますのでよかったらフォローしてみてください。

ファイターズニュース関連

powered by プロ野球Freak

グーパーウオーク

検索フォーム

野球ブログはこちらから!

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

自己紹介!!

ハムかつサンド

Author:ハムかつサンド
FC2ブログへようこそ!

ファイターズファン歴20年のSHINJO、ガンちゃん世代(笑)という濃ゆーい個性派世代の一人です。ふるさと・ベイスターズも軽く応援していたりしています。

コメントについて

無記名の投稿、記事に関係ない記事は削除させていただくことがあります。 なお一部携帯端末からは投稿できなくなっています

今までの訪問者数

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん