中田の二刀流はありえたか?

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2015/04/10(金)
2日お休み企画第2弾は二刀流のハナシ

と言っても大谷ではなく中田の話です。今日は野球太郎No14でのインタビュー記事を引用しながら中田もし二刀流に挑戦していたらどうだったか?ということを書いてみます

中田が高校時代投手だったことは有名ですが投手としても評価がかなり高かったことはよく知られています。1年で甲子園に出たときも当時高校NO.1左腕のエース辻内(元巨人)を途中でリリーフ、1回戦突破に投手としても貢献、2年時には早くも150キロを超えるストレートを投げていました。球のスピードだけでは良し悪しは決められませんがこの時期にそんなスピードボールを投げられる高校2年生はそうそういません。その頃は投手のほうが目立っていたとのことです。

中田本人もプロへは投手で勝負したかったとこのインタビューで語っています。しかし中田をひじ痛が襲います。高2の夏には再び甲子園に戻りますがマウンドに立つことはありませんでした。

3年の選抜にエースとして甲子園に帰ってきますがベスト8、最後の夏はエースとして奮闘しますが激戦大阪の最後の決戦で敗れ甲子園のマウンドに立つことができず高校野球を終えることになります。

本人は肘が大丈夫だったら投手として勝負していたと語っています。実際僕が当時見た新聞の記事ではあるスカウトが投手としては田中将大以上の可能性ありと評していたという記事がありました。個人的には盛り過ぎだろとみていましたがこれだけ高い評価をしていた人も一部にいたことは間違いないようです。

ドラフトではファイターズが抽選の結果、指名権を獲得しましたが指名前からファイターズだけは指名できたら野手一本と明言しており札幌ドームのマウンドにたたせることはもともと考えていなかったようです。ドラフト関連の雑誌も投手の評価も高いのですがそれ以上に打者中田の評価が高かった、ファイターズの評価はその評価と同じだったということでしょう。当時二刀流なんて考えはありませんでしたしね。

しかしファイターズ以外の球団が指名権獲得していたらどうか?さすがに二刀流はないでしょうが投手として育成しようという球団はあった可能性はあるでしょう。そしてだめなら打者転向と。

肘がよければ投手で勝負していた、中田のコメントは本音でしょう。実際に高3選抜の投球はインパクトはあまり感じず、彼の甲子園での一番のインパクトは高2夏の横浜戦の弾丸ライナーのHR。投手としての魅力をあまり感じない内容でした(藤の具合もあまりよくなかったと思いますが)高校時代のパフォーマンスをみると投手中田と同じレベルの投球をできる投手は日本にいるがスラッガー中田のバッティングと比肩する打者は日本にはいない、そういうことなんでしょう。

ちなみに大谷の二刀流について中田は最初の印象としてこう言っています。「どちらかに絞るなら投手。大谷レベルの打者はNPBにはそれなりにいるがあれほどのまっすぐを投げる投手はほかにいない」と。

投手中田の可能性を探ることは故障で途絶えましたがしかし大谷のおかげで中田もできたんじゃないかと空想させるだけのポテンシャルを持っていたのは事実。中田の性格では両方は無理と思いますが投手一本菜ならある程度成績は残せたんじゃないかと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1707-2a14ce17
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド