四球と落球(5/19VS楽天10回戦●)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2015/05/19(火)
ファイターズ 4 - 7 イーグルス    

ニッカン式スコア

宮西が8回に打たれ逆転負け。でしたが7回の大ピンチを抑えた宮西に8回のマウンドを託さなければいけない状態になった時点で勝負はある程度見えていました。

7回のピンチもレアード、ハーミッダ二人のファインプレーがあってのもの。7回の内容もそんなによくなかったのですがそんな宮西をマウンドに上げなければいけない原因は何か?それがタイトルにも書いた7回の四球と落球です。

メンディが4回で肩?を気にする場面がありその影響か5回で降板、ここから継投に入ったわけですがベンチの計算は6回石井、7回鍵谷8回宮西、最後は増井で逃げ切るという計算。石井は期待通り応えましたが鍵谷がベンチの期待にはこたえることができませんでした。

嶋のヒットはアンラッキーですが舛田の四球が明らかに余計これで藤田,銀次の怖い左2枚ですから宮西をぶつけたくなります。舛田を抑えていたら最後まで鍵谷でこの回は任せたと思うので宮西を早めに使う舞台を準備してしまったことがまずは敗因の1つ。

もう一つは藤田のセカンドゴロでゲッツーどころかタクの落球で一つもアウトがとれなかったこと。しっかりとっていても2つアウトが取れた保証は確かにないのですがこれでこの7回に宮西が全力投球しざるをえなくなってしまった。そしてもう一度1イニング抑えてくれとはさすがに百戦錬磨のセットアッパーでも要求としては高すぎます。

タクは打撃でも精彩を欠いていますし元の9番に下げるべきと思います。守備の負担を考えて9番固定と最初は言っていたのですが故障者の影響で2番を打っていますが賢介のいない内野の守備面のリーダーはタクですしそれに2番という難しい打順となると攻守で負担が大きくなっているような気がします。

ベンチワークとしては宮西続投はある意味しかたないのですが屋宜やガラテに1イニング任せる冒険をしてもよかったような気がします。結果的に明日は宮西はお休みでしょうし、浦野の出来もまだまだどっちに転ぶかわかりませんからリリーフの負担は軽くしたかったところです。

浦野のいいときは手がつけられないのでそういうピッチングをしてくれることを期待します。

初球ストライク率
メンドーサ 60.00  % ( 12 /20  )
塩見 55.56   % ( 15 /27  )


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1746-5d655ef3
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド