大谷の快投でリードしている相手を追い詰める(5/30VS中日2回戦○)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2015/05/30(土)
ファイターズ 4 - 2 ドラゴンズ    

ニッカン式スコア

吉見のアクシデントによる降板があり流れが変わった試合、しっかりと自力でひっくり返したゲームでした。

中日のリリーフ陣が不調ときのう書きましたが実際に見てみるとまあ変則フォームで速いボールを投げる投手が多く、対戦慣れしているセリーグならともかく別リーグのうちとしてはどうなのかな?と思っていましたがしっかりとひっくり返しました。

岡の暴投での本塁生還はびっくりしました。それほど大きくはじいていないのに本塁に突っ込んできてセーフ!!スライディングも速かったのですが判断が早すぎるでしょ!というタイミング。「暴走と好走は紙一重ですからね~」とどっかの解説者がしたり顔でいってそうな場面ですが結果、好走になりました。

うちはこういう走塁する選手はブレイクすること多いですよね。糸井やダイカンとか。本能だのみでなく判断でそういう走塁できるとすごいですよね。

淺間も変則の田島で苦しいなあと思ったら同点タイムリー、大野も右方向への長打で勝ち越しタイムリー。大野は引っ張り専門でしたが昨年のCSあたりで右打ちがよく出るようになりました。打てる捕手を選択ということで近藤がスタメンを張ることが多いのですが大野もある程度打てるとなると守備面ではやはりまだまだ大野が上ですからね。いい意味でレギュラー争いしてほしいところです。

さて今日の大谷。開幕当初のような中盤から別人のような素晴らしいピッチングでした。3回まではどうもちぐはぐなピッチングで2回の和田のタイムリーはベテラン相手に変化球主体で長打を打たれるという首をかしげる配球。まっすぐが制御できていない時期ではあったのですがベテランが一番きついのは速球。稲葉の晩年もそうだったように変化球は必要ですがそれが主体になってはベテランには痛い目にあう、いい勉強になったことでしょう。

4回以降は完璧。中日が継投になり苦しくはなったのですが大谷が完璧で追加点の期待が全くできない状況に相手を追い詰めそしてじわじわとひっくり返す、大谷の能力の高さが生んだ逆転勝利だったでしょう。

本当は先制点を取られないでほしいところなんだけどね。(笑)

明日は今日のバッテリーにしっかりとプレッシャーをかけられた有原。後輩に尻をたたかられないと燃えないタイプなんでしょうか。(笑)3度目が今の有原の実力を測るピッチングになると思うのでいいほうに期待しています。

初球ストライク率

 大谷 60.00 % ( 18 /30  )
 吉見40.00  % ( 6 /15  )


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1753-dd657d81
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド