高校野球南北海道大会を振り返る

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2015/07/26(日)
北海高校が北照を破り代表の座を射止めました。北海高校の皆様おめでとうございます。ここで今回は今大会の総括を簡単ですが行います。

まずは決勝戦レビューから

北海 3-0 北照

複数の好投手を持ち守備も固く打線もタイプは違えと言えど強力打線、しかし決勝までの道のりは好対照でした。北海が苦戦が駒苫戦の延長13回以外は南大会ではほかがコールド、北照は札幌日大、東海大四という優勝候補に競り勝ち、苫小牧東には雨天ノーゲームの末の再試合と苦戦の連続、順調に勝ち進んだ北海かそれとも接戦をものにして力をつけた北照か。接戦が予想されました。

北海・山本、北照・川端とも出来がよくチャンスらしいチャンスもなかった試合、しかし北海が3回のワンチャンスをものにして栄冠を手に入れました。長打の北照につなぎの北海、そんな攻撃イメージだったのですが北照の打球が前半ことごとくライトの好守にはばまれたこと、もしその打球が一つでも抜けていれば試合展開が違ったものになったかもしれません。山本も序盤はそこまでよくはなかったのですがライト大西が守りで盛り立て、山本のリズムをよくしていきました。

中盤以降はゴロを打たせる安定感のあるピッチング、8回1アウト1,2塁が最大のヤマ場でしたがここはエンドランが三振ゲッツーで勝負ありでした。



終わってみれば東海の敗退がありましたが順当な結果でした。北海の戦い方は堅実、負けない戦いで勝ちあがりました。対して北照は長打力で相手をねじ伏せてきましたが最後は隙のない相手に封じ込められた形です。東海はやはり大澤一人では夏は厳しいとみていましたが疲労の抜けない大澤に頼るしかないということでやはりここまでだったのかなと思います。駒苫も伊藤一人では厳しかったです。日大も山本が復調しきれなかったのが大きかったのかなと思います。

正直北海が東海大四のような快進撃を期待できるかといわれるとう~んという感じ。全国でこの野球をするにはスケールが少々小さいのかなという印象もあります。ぜひ僕のこんな予想を打ち破ってほしいところです。

さて北大会は白樺学園が勝ち抜けました。北では6チームしか見ていないので力関係がはっきりはわからないのですが投手2人の安定感と守備の安定感でいくだろうと思いましたがその通りになりました。選手としてはこちらの選手のほうが面白い選手が多いかなと印象。ショート松浦選手の守備はいいですよ。(北大会では背番号18)

甲子園の戦いはどうなるか、楽しみにしましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1814-306ccd9b
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド