兵庫遠征感想文(VSオリックス&U-18決勝)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2015/09/07(月)
遠征から帰ってきました。予定は土曜日だけの観戦でしたが翌日雨に降られて中止、見ることができてラッキーでした。

屋外球場ならではの花火大会もありましたが生で見る花火はいいものです。音が原の奥まで響くあの感覚。試合終了後で待ってまで花火を見る気にはならないのですが試合の合間のものならそれはそれでいいものです。

でも一番いいのは試合での花火。炎上は勘弁ですが相手を燃やすのは構いません。しかも2打席連続、3連発ですから遠征したものとしては最高のゲームでした。有原もナイスピッチでした。

試合についてはほかの方が書いているしこれくらいにしておきます。翌日は観光のあとにもう一つの目的、甲子園でのU-18観戦に行きました。

あの天気で球場内にはいっても開催に阪神いえ半信半疑で、甲子園カレー久々に食べたからいいかなとあきらめムード、しかしさすがは阪神園芸、仕事が違います。結局は30分遅れで試合開始にするのですから素晴らしいの一言です。この仕事ぶりが見ることができただけでもおなかいっぱいです。

試合はまあ1点が遠かったですね。微妙な判定に泣いたところもありましたが国際試合はどの競技でもこんな感じ。審判と戦っても仕方ない。それに対応できるかどうかが勝敗の大きなポイントにはなります。ボークの基準や左打者のアウトコースの広さに最後まで苦しみましたね。

勝敗の分かれ目はずばり分析力。アメリカが日本の機動力を封じにしかもあまり投げていないサウスポーで牽制が巧み?なピッチャーを使ったのに対して日本は前回アメリカに好投している佐藤。佐藤先発がどうというよりアメリカをあまり知ることができなかったんじゃないかというところだったのでしょうね。チームの奥深さということでアメリカが上だったのでしょう。

初回のオコエのファインプレーですがまわりが大騒ぎしていたのですが冷静に見ていた自分。ダイカンや糸井のプレーで目が肥えてしまったので普通に受け取っていた自分、あとでそうかオコエは高校生だったと気づき遅れて感動する自分でした(苦笑)

分析力で差がつきましたがそれでもここまでやるということは選手個人の能力は間違いなく高いと示してくれた今回の大会。真剣に追っかけた世代でしたがなかなか好選手揃いでした。数年後どんな活躍をしているのか期待していきたいです。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1832-8f5f9832
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド