安心してください、デマですから多分

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2015/12/15(火)
 ダイカンも無事契約更改、これで全選手の契約更改が終了しました。しかしダイカンの希望額とかなり差があっての保留だっただけにいろいろ心配した方も多かったとは思います。

 そこでダイカンが巨人へ放出!という憶測が流れ某夕刊紙にもその記事が出てしまいます。糸井の件もあっただけにもしやと心配する気持ちもわかりはします。

 僕がこのネタを見たのがダイカンが契約更改を保留した翌日。いや絶対ないなと確信しました。もしこれが事実としたら契約更改前にトレード話をしていたと思われますし保留したからトレード成立なんてことはまずありえません。

 お互いの球団で話をつけるのが一日で終わるわけがありません。仮にダイカンを放出するとします。持ちかけられた球団としても交換要員を検討しなければいけないし、ファイターズももし放出ありきであってもダイカンクラスの選手なら少しでもいい選手を欲しがるはず。お互いの駆け引きが始まるわけですから即答で決まることはほとんどありえません。

 しかもその後交換要員となる選手に話をしなければいけません。特殊なケースですがトレードを拒否して引退してしまった選手もいますので慎重に話をするケースも考えられます。そしてお互い納得できた時点で発表となります。

 夕刊紙などは簡単に書きますがトレードが簡単に決まるわけはありません。トレードの話がでて結局成立のニュースがないまま立ち消えになるケースもありますがこれはデマかすっぱ抜かれたためやめたのか、それとも誰かへのメッセージか。

 メッセージという意味では球団が選手に対してのメッセージ、もしくは複数球団で交渉している場合の牽制ということが考えられます。「巨人ではこの選手だしてくれるけどDeNAさんはどうなのよ?」といった具合ですね

 もし今回のケースがファイターズ側がわざともらしたとしたならば明らかにダイカンへのメッセージでしょう。もめてるとどっかへ出しちゃうよといった怖いメッセージだったかもしれません。

 個人的には今回は憶測のガセどまりの話と見ています。トレードのニュースで僕が信頼できるのは今日発表など近日中に発表があるというところまで書かれている記事でしか信用はしていません。ない場合は明らかにガセか何かの思惑ありのニュースでしょう。

 「安心してください、デマですから」

 このニュースに関しては言い切れるんじゃないかなと思います。といってもほかのトレードが水面下で画策されている可能性は考えられます。ガセネタには踊らられず信憑性のある記事だけを信じてきたいところです。信憑性の記事の見つけ方としては発表時期が明確になっているかどうかを見るだけでも余分な心配をしなくて済むと思いますので参考にしていただければと思います。

以上毎年ガセネタで一喜一憂するハムかつサンドさんからでした。(笑)


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1876-ca1ff2f4
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド