あらゆる点で力負け

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2016/05/05(木)
ファイターズ 1 - 2 ホークス     
ニッカン式スコア

 力負け。今日の試合、そしてこの3連戦ともそう言える試合でしたね。

 今日の相手の東浜は制球は荒れ球ということでないのですがキャッチャーの構えたところに行ったりいかなかったりといった感じだったので、高めに行くときもあったのですが結局はその球に力負け。うちはまっすぐの力のある投手には弱いですね。といってもそのまっすぐに頭がいっぱいになるのか変化球を狙うわけでもない。その変化球を仕留めたのは大谷だけという状態。大谷は相手にひるむことはない性格のようですが、ほかの選手はどうなんでしょうか。力負けしない選手もいそうだけにね、気にはなります。

 先発の加藤はよく投げました。まずは6回を投げてくれたことで昨日投げた投手を休ませてくれることができました。テンポもよく巣tライク先行で自分のペースで投げられました。惜しいのがやっぱり5回、制球が乱れボール選考になったところを長谷川を歩かせ、松田にスタンドに放り込まれました。

 やはり課題はスタミナですね。リリーフをやっているだけに立ち上がりはいいのですが、プロの先発投手としての鍛錬をしないできているだけにどうしても早い段階で切れてしまう。テンポの良さ、スタミナのなさはデビュー当時のマサルに似たところもあるので当時のマサル同様、5回限定の先発でならば面白そうです。

 斎藤と白村は今季初登板。白村は前日にファームで2イニングで今日も2イニングと起用法には不満もあるのですが、それでも本来の姿に近い姿を見せてくれました。しかし斎藤は正直ファームに慣れてしまっているかのピッチングです。

 イースタンでの試合は好投していたんですが真っすぐが高めに行き、そこを仕留められないため、フォークで空振りを取れたのですが、一軍、しかもホークス打線では彼のまっすぐでは通用しません。彼の球威の現状を語る出来事としては

あの鶴岡にセンターフェンス直撃の当たりを打たれたこと

 ツルがファイターズ在籍時代にあそこに打ったあたりは記憶にありません。決して長打力があるとは言えないツルにあそこまでもっていかれたことはかなり重大なことのように思えます。一軍レベルの球威を身に着けるかそれとも投球術、制球力に磨きをかけるしかないのですがあまり彼には時間は残っていないと思います。

 明日からが所沢ですが今回の3連戦で得た宿題を少しでも片づけていかないといけません。一朝一夕では片付かない課題ですがなんとかしていきたいものですね。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

この記事へのコメント
GW3連戦は2敗1分けでした。千葉から札幌に遠征した3連戦だけど1勝も出来ませんでした。
ホークス相手なので悔しい限りです。まだ5月なのにパの優勝チームが十中八九決まってしまって、面白くもなんともありません。
遠征の目的は南房総の地元社会人野球から2位指名の新日鉄住金かずさマジックの加藤貴之のピッチングでしたが、おっしゃる通り松田の一球が悔やまれます。同期の井口と切磋琢磨、走り込みをして、基礎体力を付ければ一軍ローテでいけるのでは?という可能性を見せてくれました。
では、これから飛行機で帰ります。
2016/05/05(木) 19:27 | URL | チバF #-[ 編集]
遠征でドームまで来られていたんですね。お疲れ様です。

せっかく来ていただいたのに残念な結果となってしまいました。

加藤には可能性を感じます。恥ずかしながらアマ時代はあまり知らないのですがテンポもよく制球もなかなかいいので先発でじっくり育ててみる価値はあると思います。先発左腕も吉川だけですからもう一枚加わってくれると大きいなと思い僕も期待しています。

これを見るころには帰宅されている頃でしょうか?無事に家路につくことを願っています。
2016/05/05(木) 20:16 | URL | ハムかつサンド #-[ 編集]
この試合に限らず、ここ数年の打線に思うのは勝負所で本当に弱いなという感じはします。

得点圏打率では現れてないですが、先制、逆転、勝ち越しのチャンスでファイターズのバッターが悉く凡打を繰り返すシーンが目立っているような気がします。私は最大の原因はメンタル面の問題があると思っていて、結局安定して成績を残せるバッターがほとんどいないことによる焦りからかなという気がしますがどうなんでしょうね。今日だって2回に浅間がタイムリーを打っていたら楽な展開になっていたと思うので、選手の育成方法や、編成がどうなっているのかと勘ぐってしまいますね。

ヤフーの一球速報で斎藤の投球内容を見てみたんですが、中村にフォークで空振りを取れずに、シュートでヒットを打たれた後、鶴岡と高田にストレートを打たれてるんですよね。しかも、球速も136キロとそこまで早いわけでもないですし。

私は、斎藤がどうしてそこまで速球にこだわるのかよくわかりません。おそらく、高校野球の良いイメージがあるからでしょうが、彼は武田勝のような技巧派の投手になるべきだと思っています。現に、元巨人の江川も元広島の北別府のような制球力がつけば200勝も間違いないと言ってましたね。

なので、あまり時間はないですが自分がどうしたら活躍できるのかという術を見出してほしいものですね。
2016/05/05(木) 20:26 | URL | 北の日ハムファン #-[ 編集]

 そうですね。いつの間にか勝負弱い打線になってしまいましたね。昔は打てないのにチャンスにはめっぽう強いといわれたこともあったのですがそれも懐かしい話です。

凡 退した時に表情に出る選手が多いですよね。4番打者がその最たる例になってしまうのですが、ミスをひきづらないメンタルコントロールを考えてほしいなと思いますね。


 斎藤はいつまでも速球に夢を持ち続けているような気はしますね。正直力がない打者にあそこまで素直に対応されている現状を受け止めないといけないと思います。といっても制球がイメージよりかなりよくないですからね、ストレートとフォークのコンビネーションで打ち取る方向性を決めたのですから、まっすぐのキレの向上、低めに投げ続ける制球力がないと一軍では通用しないと思います。
2016/05/06(金) 22:15 | URL | ハムかつサンド #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1924-a10f00ca
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド