斎藤のプレートの踏み位置

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2016/05/22(日)
ファイターズ 8 - 0 イーグルス     
ニッカン式スコア

大勝なんだけど、相手の状態が悪すぎるというのは大きいのかなと思います。今日の試合も初回の3点とその後無失点に抑えたことで試合の趨勢が決まった感じ。大谷がどうかということだったんですが変化球が抜けていてもまっすぐの力だけで押し切った感じ。

去年までならそれでも抑えていたのが今季はそれでは通用しないチームが多い中、それで抑えてしまってる、相手の元気のなさが目立ち、正直判断はつかないというところですね。

大谷を6回で降ろしたのはいいイメージのままで次を投げさせるためでしょうが、今大事なことは実戦でピッチングを研究することのような気がします。確固たるなにかを大谷に持たせることのほうが大事なような気がしますね。

斎藤が最後投げていましたが相変わらずのピッチング。内容はともかく気になったのはプレートを一塁側で踏んでいるんですよね。右投手は三塁側を踏んでアウトコースに角度を持たせるのは一般的ですがバファローズの西のようにシュート系のボールを活かすために一塁側を踏む投手もいます。斎藤ってシュートが武器だったけと思いながらそれとも真っすぐがシュート回転するのを見越してそこに立っているのか、などど考えたまま終わってしまいました。

交流戦まであと1週間。少しでも上とは差を詰めて迎えたいところですね。


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1939-67680ba7
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド