新球場建設構想ついに表面化

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2016/05/25(水)
昨日、各社で一斉に報じた新球場建設構想。

日本ハム新球場、8年後完成目指し球団が建設検討(日刊スポーツ)

うちの監督も感動したなんて宣っていますが正直最初の報道を聞いたときはドーム側の圧力と思っていました。前例としては施設老朽化に伴う改善を要望してましたが、首を縦に振らない名護市に対しての名護キャンプの縮小での揺さぶりがありましたし、今回もそのケースかと思ってました。

しかし、道新や日経という固めの報道機関も報じていたこと、揺さぶりならばスポーツ紙一紙でもいいはずなのにという疑念はありましたが札幌市、ドーム側で否定しなかったことで札幌ドームを出ていくことで話しがついている、そう感じました。

今回の背景には球場使用料、広告費、売店の収入などさまざまな原因が考えられますが一番大きかったのが使用にあまりにも制限があることが原因かと思います。

自分のものじゃないから敷地内でも十分に使用できない、トイレの数を増やしたくても増やせない、球団側としては来ていただくファンの要望にこたえられず、費用はかさむわけですから、この流れは必然だったと思います。

話しとしては以前から噂レベルでは出ていたのですが正直ようやく実現できるところまで行ったんだなという気持ちのほうが強いです。新球場が成功するには、立地条件が一番カギを握るような気がします。

候補地として北大、真駒内、北広島などが報道で挙げられていますが、平日のナイターでどれだけ多くのファンがいけやすいところに設置できるかということになるでしょう。

従来でも土日祝日は遠方から来られる方もいるのでかなりの観客数が入るし、今後も球団の人気に変わりがなければ同様の数字は見込めるでしょう。しかし、平日ナイターでは通常のカードでは2万人は割り込みますし、今度の球場のキャパシティが3万人程度を計画しているとなると平日で稼げなかった分を土日でカバーするのも厳しくなります。札幌近郊の方で仕事帰りでも立ち寄っていけるようなところに設置したいということになります。

しかし、札幌の交通網は一極集中です。地下鉄を例にすると郊外から札幌、大通り、すすきのという中心部にはアクセスがいのですが郊外から郊外へつながる交通機関が電車ではありません。一番いいのが大通りやすすきの当たりに球場を立てるのが一番いいのですが、さすがに無理でしょう。そうなると球場へのアクセスの問題も解決しないといけません。

遠距離から来られる方もいるので駐車場設置は必須なのである程度の用地は必要、しかし平日の観客を考えると飲酒もする方もいるので電車のアクセスは不可欠。電車のアクセスがよくてある程度の土地があるところ、そうなるとなかなか候補も上がらないような気もします。

それならば電車を引っ張っちゃえばいい。JR北海道当たりを巻き込んでやってみるのも面白いかなと思いますがなかなかアクセスがいいところがないのが現状です。札幌ドームが福住駅より遠いという声も聞きますが、QVCマリンのように最寄駅からシャトルバスが出ていることもあれば、徒歩10分くらいならまずまずのところとは思います(道外出身者の感想です)。現実的に考えるほうなのでやはり成功のカギはアクセス面かなと思います。ソフトがどんなに充実してもアクセスで難があるとさすがに気軽にはいけませんからね。

肝心な球場のほうは開閉式ドーム、天然芝という話が出ているようです。実現できればいいとこどりでいうことなしですが、芝の育成は寒冷地なので難しいこと、そして芝が本州と異なる芝を使用することになりそうなので試合にどんな影響を与えるか注目したいこともあります。

まあ、8年先をめどで計画しているらしいのでまだまだ遠い先の話ですが期待と心配をしてみてきたいところです。最後に市とドームとは納得して話がついているようなので今後の展開に悪影響が出ることがなさそうなのは、よかったかなと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください




この記事へのコメント
あと、これまでやってきた編成そのものに陰りが見え始めたというのもあるのかもしれませんね。

これまでは、育成中心であまり金をかけることなく優勝を目指すというコストパフォーマンスが良いチームを目指すということが基本で、結果として札幌移転以降リーグ優勝4回、日本一1回ということで上手くいってたんですよね。

ところが、近年ソフトバンクが資金を投じて1軍レベルのファーム球場を作って、3軍制をしたりして、選手の質や量を他の5球団を圧倒するようになってきた中で、ファイターズが育成中心で金を掛けずに勝ちにいくことにここ数年限界が見えてきたからこういう判断に至った気がします。

私自身残念だったのが、札幌市の秋元市長が「こういう事があるからといって使用料を下げる議論をする必要はない。」という発言があってその他の発言を聞いていても、自分たちの街の球団の経営の危機に関して関心が無さすぎるんじゃないかと思うんですね。

球界再編問題や、その他の球団の金の話で何度も出てくるのは、プロ野球球団を含めておらが街のスポーツチームは準公共財であるという前提が必要なんですよね。一般企業のように経営が悪くなっても、民間企業だから全く支援しないということでは解決できないんですよね。なぜなら、球団の後ろにはファンがいて、そういう人がいて初めて経営が成り立つ産業なんですよね。


準公共財であるファイターズも移転してから今年で12年になり完全に根付いたと言っても良い状況であるにもかかわらず、3セクである札幌ドームはこの12年間高額な使用料などで自分たちの利益を優先したといっても過言ではないと思うんですよ。こういうお役所論理の体質に関しては徹底的に糾弾されるべきですし、しっかりと、こういう既得権益を打破するために市民が監視し、こういうのは絶対に許さないという世論を道民が形成することが大事なのかなと思ったりもします。
2016/05/26(木) 18:14 | URL | 北の日ハムファン #-[ 編集]
そうですね。資金面に難があるから育成で何とかしてきたチームですがホークスのように育成に金をかけるチームが出てくればそれはかなわないですね。あちらは育成選手も数も多いですし、その中で設備も充実させてきましたし、そして競争が激しい。うちは試合に出して育てるチームですが、逆を言えば出れる人数しかいないわけですから、それは勝てなくなってきます。

そこで金銭面の問題で負担になっているドームの問題を何とかしないといけなかったわけですから、この方針は必然といえるんですよね。


市としても関心がないということはないんでしょうが、非常にシビアな対応ですね。うちの条件が飲めないのなら仕方ないといった感じが見受けられますよね。正直ここまで強気なのはちょっと理解に苦しみます。ファイターズの使用料が十分ドームの黒字化に貢献してきたはずなんですが、それがあてにならなくなるのですからどうやって黒字経営を維持するつもりなんでしょうか?ほかにあてがあるとはとても思えないのですが、どこからその強気がでてくるのか不思議でなりません。

市民の税金で造った施設なんですから、コンサだってもしファイターズと同じ判断をすることになるとそれこそただの大きな建物に成り下がるわけですから、もう少し活用方法を真剣に考えないといけなかったと思います。
2016/05/27(金) 22:41 | URL | ハムかつサンド #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1941-0ad8317f
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド