新垣好投が救い

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2016/07/28(木)
ファイターズ 2 - 6 ライオンズ     
ニッカン式スコア


先発が試合を作れないと勝てないよという典型的な試合でした。

斎藤は先制直後に4連打で3失点ですからこれは野手もがっくりしますし、そしてすぐに2ランで4点ビハインド。これでは攻撃も手が限られてくるからどうしようもなくなります。

浅村、おかわりにインコースの真っすぐを立て続けにタイムリーされた初回、右投手のインコースに右打者が全く苦も無く引っ張られている結果に斎藤本人は何を思うのか、いまの球威では一軍では戦えないという現実を見つめるしかないのでしょう。一時はまっすぐ、フォークの低めのコンビネーションで生きていくかと思いましたが今日はそういう姿は見えませんでした。彼の投球スタイルってプロ5年目でいまだによくわかりません。

負け試合でも新垣が好リリーフでほかのリリーフ陣を休ませることができました。4回途中から登板し最後の8回まで投げぬき、秋山のソロの1失点のみ。過去の登板でもそうですがなんといってもテンポがいい。そして右左関わらずインコースにしっかり投げ切れるし、変化球も制球力がある。今日のように先発が早く崩れた場合に今日のような立場の人がいると非常にチームとしてはつかるんですが、試合を終わってみて感じたことは先発逆だったほうがよかったんじゃないか?と感じた方も多かったと思います。実際にはプレッシャーが違うので難しいのですが、新垣はこういう試合でしっかりと試合を作り直してくれるということが分かっただけでも良かったのではと思います。

攻撃陣は多和田のセットポジションという弱点を突くことができない展開になったのが苦しかったですね。最終回に意地を見せてくれたのが救いなんですが、西川には野球をもう少し勉強してほしいなと最後の場面で思いました。満塁で1塁ランナー飛び出しはないでしょう、さすがに・・・・。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1990-1c000ad6
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド