粘っていれば相手がこける

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2016/07/30(土)
ファイターズ 3× - 2 ホークス     
ニッカン式スコア

サヨナラ勝ちはうれしいけど勝因ってなんだろうと考えるとはっきりとしたものが導き出せないそんな試合、しいて言えばこの試合における想いがほんの少し相手を上回ったという精神論でまとめなければいけないのかもしれません。

7回の西川の激突を恐れない好プレー、そしてランナーを出しながらも6回途中まで粘った高梨。千賀の前に打線が完全に沈黙して、チャンスすらない状況でしたがなんとか踏みとどまっていたそんな試合をとれたのは7回のワンチャンスをものにしたことでしょう。

6回途中から制球が乱れ始めた千賀、7回も修正できず、中田にフェンス直撃のヒットを打たれ、ダイカンにはデッドボールとこの試合初めてのチャンス、レアード凡退もそれぞれ進塁でバッターは岡。中田のヒットの前は岡のボテゴロの内野安打1本だけだったのですが今日の岡は何かもっていました。 初球キャッチャーが外のボールを要求したのに甘く入ってきたところを捕らえ、2者生還で同点。これで同じ土俵に立つところまでいきました。

8回の宮西もスライダー連投で四球2つ出しながらも粘り切り、マーティンもゼロで切り抜け、9回の攻撃。ここも中田やレアードが五十嵐からよく見極め歩くと今日のラッキーボーイ岡がショート内野安打で満塁。最後は矢野がサヨナラデッドボールで勝利ですから粘っていたら最後の最後で相手が粘り負けしたそんな試合でした。

少ないチャンスをしっかりものにして、最小失点で切り抜けた守備陣。こういう戦いをこの試合でできたことは大きいですね。これで3連敗は免れ1勝1敗。できれば勝ち越して3ゲームにゲーム差を詰めたいところ。明日の先発は加藤ですが前回同様5回前後までの計算でしょう。その5回をしっかりとゲームメークしてくれれば勝機はあります。

あと千賀の連勝は止められませんでしたが先週の西武戦も6回1安打で握力の低下があっての途中交代がありました。素晴らしいピッチャーなんですが来週の対戦は球数を投げさせることができれば勝機は十分。攻略の糸口をつかめたのも大きい今日の勝利だったような気がします。



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/1992-f40c2fee
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド