球場の雰囲気と正攻法

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2016/08/15(月)
イーグルス戦はほとんど見ることができませんでした。高校野球の見ていない試合をチェックしていたりしていたんですが、仙台の試合はロースコアばっかりで見ている方はなかなかしんどい試合だったのではないのでしょうか。

時折チェックしてるだけでもドキドキもんでした。そんななかで高梨の初完封、そして好守備連発で守り勝つという打線はさっぱりでもなんと勝ち星を拾えているのは大きいかなと思います。先週は3勝3敗でしたが鷹さんは1勝5敗と大きく負け越し。ゲーム差はついに2まで来ました。

甲子園を見ていたのでそこで気になった点をいくつか。昨日の試合の第3,4試合について書いてみます。

東邦の大逆転勝利だったのですが最終回の攻撃の前からなんか東邦応援ムードが異様なまで出来上がっていたのが気になってみていました。それがどんどん増幅して最終的にサヨナラ勝ち。佐賀北が優勝した決勝戦を思い出しました。光星からみるとあのムードで平常心で抑えるのはさすがに厳しい。投手交代で流れを変える向きもあるのですが、継投でかわして最後はエースで締めるゲームプランでそのエースが打たれてしまうと高校野球の投手陣ではどうしようもない。残りの投手に変えてももっと雰囲気に飲み込まれてしまう可能性が高いでしょう、ああなるとベンチは投手を信じるしかありません。

この試合で感じたことは球場の雰囲気が大事だということ。甲子園は中立なので正直片方に入れ込みすぎの応援になったことはどうかと思いましたが、ホーム&アウェイのプロ野球ならそれが生かせるはず。うちの応援団はこの試合をどう感じているのかなと思います。(中の人の親が青森出身なので光星よりで見ています)


さて事実上の決勝戦といわれた横浜VS履正社。両エースの投げ合いが注目されましたが横浜が藤平でなく石川先発。これでやばいなと思いました(中の人は横浜出身なので当然横高応援です)。このような大一番では正攻法が一番。この試合2度の中断がありましたが横浜の守りで立て続けで2回ですから、野球の神様が横浜を見放したのかなと思います。この試合は3ランまではよかったのですがその後藤平に変えるのが遅くなったのがすべて。2点ビハインドなら寺島のピッチングも変わった可能性があったのですが結果,悠々投げられてしまった感じでした。

藤平VS寺島の投げ合いを最初から見たかったなあというのが一野球ファンとしての感想。正攻法で行って負けたほうが後悔しないと思うんですがこの試合のような感じだと、タラレバ定食特盛状態になってしまうんですよね・・・。

今週はホーム6連戦。週末には恒例ホークスとの首位攻防戦があります。(軽く日程批判)

実は長々と甲子園批評していたのは訳がありまして、球場に行かれる方はファイターズに戦いやすい雰囲気を、そしてベンチは奇襲をせず正攻法でホークスにぶつかってほしいところです。今なら奇襲はいらない、間違いなく両チームの差はありませんし、自分たちの戦いをすればいい結果が待っているはず。週初めのカードも難しいですがしっかりと勝ち星を拾っていき、ホークスをたたきましょう。


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/2005-871bcefb
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド