ドラフトを読む2016

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2016/10/10(月)
CSが終わるとドラフト会議です。CSをどんな形で終わるのかはまだわかりませんが、ファイターズとしてはもしかしたらCSより大事なイベントです。若手育成球団としてはいい素材をどれだけ多く仕入れられるかと言うのは球団の一番のテーマです。

なにかどこかの商社かなんかみたいな書き方をしてしまいましたが、現在リリース決定されているのが投手のみ4人。野手陣のリリースはあるのかどうかあっても若干名と見ています。あとは野手が不作という年。野手陣は若手が多いので今年に限っては得意の高卒野手という指名は少ないように思えます。

ポジション別に見ていきます。まずは投手。

まずはW武田の明暗について触れていきたいと思います。本当はこの記事だけで一つ書こうと思いましたが旬を過ぎてしまったのでここで。(笑) マサルは戦力構想外とされ、ヒサシは構想内とされたことがマサルの引退、ヒサシの現役続行につながりました。ファイターズ投手陣の現状はコレだけで十分表現できてしまいます。先発は今季のローテは若手中心。鎌ヶ谷組でも上沢、中村,浦野ら実績組も控えている。一方リリーフは増井の先発転向もあり、少し頭数不足。日本人でクローザー、セットアップを今後任せても大丈夫と思える選手はちょっといない。(鍵谷、白村はまだ安心できないですからね。)

さらにリリーフの左腕は宮西、石井以下が続かない。石井は季節労働者状態になりますし、宮西もいつパンクしてもおかしくはありません。そのためにも左のリリーフ補強は緊急課題です。

一方先発は即戦力ではなく高校生がほしいところ。昨年も同じことを書いたのですが指名はしたけどくじを外し結局は高卒投手の指名はありませんでした。今年は高校生投手の当たり年ですので1位は高校生投手でお願いしたいと思います。

寺島はある程度完成しているし、今井は甲子園ができすぎのような気がして正田(桐生第一優勝投手)と同じ匂いがします。それなら藤平が個人的に推しですね。2人に比べるとまだまだ荒削りですがこういう投手はファイターズ好きそうだなと思います。

あとは広島新庄の堀が若い頃の宮西っぽくて好きなんですがプロではリリーフっぽいからファイターズは高卒は先発型が多いので縁はないのかなと思います。

続いて捕手ですがここは一軍が大野、市川と2人が強力で清水、石川亮がそのあとを狙う感じ。近藤はどうなるかわかりませんが慌ててとることはなさそうです。

内野手ですがここは若手がいるが一軍からは遠いという感じの選手が多い印象です。若手が多いのでここも慌ててとる必要はなさそうですが、そろそろ賢介の後釜を考えて置きたいところです。更にいうとここ2年の内野陣がほぼ固定。サブも飯山、杉谷とこちらも決まり。飯山のあとも考えないといけないのでここは大卒以上で二遊間を守れる選手の指名はありと思います。吉川は1位で消えるでしょうから守備型の選手でもいいから指名したいところです。渡邉が最終戦で素質の片鱗を見せてくれましたが彼を一軍で鍛えるか、それとも内野のサブを即戦力で指名するのか、チームの方針が見えてきそうで面白そうなところです。


外野は一軍レベルも多いですし若手もそれなりにいるのですがダイカンのFAがどうなるかですね。手当のために外野手を一人とるか、ここは高卒、大卒どちらでもいいのですが、いつものアスリートタイプではなくスラッガータイプを指名するのもありかなと。コレも毎年書いている気がします。

まとめとしては

投手は即戦力はリリーフタイプ。左腕が緊急課題

ドラ1は高卒投手で

二遊間のできる即戦力を指名できれば指名したい

ダイカンのFA対策も兼ねて外野手は一人とっておきたい



こんな感じですかね。今季は投手中心のドラフトになりますからいい投手がたくさん指名できれば良いなあと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください




この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/2056-ecb6f158
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド