ハムかつサンドはたべものです

行くぜ!!日本一の向こう側!!

ついにたどり着いた頂点

ファイターズ 10 - 4 カープ     
ニッカン式スコア

今思うとこの試合の第1球、西川が思い切りスイングしたあたりが3ベース。これがこの流れを作ったような気がします。前の試合のサヨナラHRの流れをそのまま持ってきただけでなく西川が本来のパンチ力を思い出したようなバッティング。これがこの試合のうちのストロングポイントになりました。

初回で無死三塁でなぜかカープが前進守備。中島だからかもしれませんが野村たてておいて1点やる余裕もないの?と感じベンチの余裕の無さも感じました。結局1点だけでしたがいい流れでいけるかなと思いました。

しかし増井が2回に捕まります。無死2,3塁のピンチから一つアウトを取りますが、暴投、レアードのエラーとミスが続き逆転を許します。ミスも痛いけど気になったのは2ベースを打たれた鈴木の配球。まっすぐにつまり気味だったのでまっすぐ主体はわかるのですが、まっすぐだけではやられてしまいます。真っ直ぐを意識していてポイントを前に置くようにするのでそんなときにフォークを使えれば楽なのにと思いました。

しかし今日のファイターズ打線は野村相手に攻めます。エラー絡みで掴んだ4回の無死1,2塁のチャンスで賢介がタイムリーで同点。ここにきて賢介が右方向の打球が増えてきて復調しており下位にポイントになる打者が増えたことも今日の展開では大きかったですね。

なおもチャンスで栗山監督は早めに勝負をうちます。増井に代打矢野。ロングリリーフのメンディもいない、このあとの継投よりもまずはリードすることを選択した采配でしたが矢野は三振。結果は出なかったですが試合を動かしに来ていると感じました。その直後西川が今日2本めの3ベースで2点勝ち越し!!このタイムリーが試合を動かした意味のあるヒットでした。

2番手は鍵谷。今日は乱調でしたが4回のピンチをなんとか切り抜けます。ここでカープベンチも石原、野村に代打安部、新井を起用しカードを切らせたこと、そしてリードで苦しめられた石原を交替してくれたことがうちにとって追い風と感じました。

しかし続投した鍵谷が丸に被弾、次の回も井口が下水流にタイムリーで同点に追いつかれます。失点につながりませんでしたが大野が飛び出したランナーを追いかけて無理にタッチしたところを空振りでスッテンコロリン。このシリーズの大野は冴えませんでした。

終盤になり両チーム、勝ちパターンの投手を出してきます。ファイターズはバース、カープは今村そしてジャクソン。しかしうちはカープのリリーフ陣に苦手意識はありません。そのジャクソンが投げているとき、ファーストのエルドレッドが審判に暴言をはいて慌ててベンチがタイムを取って間をとります。これでジャクソンのリズムが狂ったのか、カープが審判を敵に回してしまったのか、きわどいところはボールと判断されピッチングが苦しくなります。ファイターズは2アウトから西川、中島、岡の3連打で2死満塁とチャンスを作ります。そして4番中田。頼む!なんとかしてくれ!と祈りをこめたところその願いを叶えてくれたのはジャクソンのストレートの四球。ついに1点勝ち越します。中田も集中していましたのでよくボールを見極めていました。

その時ネクストに大谷の姿がありましたがこれはカムフラージュ。5番にピッチャーが入っていたので代打でそのままリリーフ?と読んだのですが1点勝ち越したことでバースを続投させるためにそのまま打席に。期待はしていませんでしたが打者顔負けのセンター返しで1点追加。バースのヒットまでの4本のヒットが全てセンター方向。ジャクソン対策が徹底されていることが2アウトからの勝ち越しを産んだのでしょう。

そしてこのシリーズに終止符を打ったのはレアード。バースが塁上にいたので歩かせて還してほしいなあと思っていたら、スライダーの失投をレフトスタンドへ満塁HR!!

これで終わりました。最後を締めたのがペナントからたくさんの修羅場をくぐり抜けてきた谷元。しっかり無失点に抑え、ついに栄光の瞬間がやってきました。

ファイターズ 10年ぶりの日本一おめでとうございます!!

10年前は今のカープのような勢いがありその勢いに乗っての日本一だったのでシリーズで苦しんだ記憶はないのですが3度シリーズで破れ、今回のシリーズ。ペナントも絶望的な位置からの逆転、CSの激闘。そして今回のシリーズ。日本一になるというのはこんなにしんどいのかと感じたシーズンでもありました。そこを勝ち抜いた選手たち、首脳陣、そしてスタッフの方々本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

2009年にブログを初めて8年目。ついに日本一の瞬間を書くことが出来ました。少しの歓喜を味わったあと、また来季への戦いの準備が始まります。選手の移動もあり、心を痛める記事が明日あたり早速出そうですが、今はこの日本一に立ったことの喜びを噛み締めましょう。

ファイターズ最高!!(←矢野のパクリ)


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください


コメント

お疲れ様でした。
緒方監督の余裕のない采配に助けられた日本シリーズだと思いました。
シーズン中の勝ちパターンとはいえ毎試合今村、ジャクソンでは攻略できて当たり前です。
やはり敵地なだけあって静かな胴上げでしたが広島ファンの暖かい拍手も聞こえました。
広島カープ、とてもいいチームだと思いました。黒田が辞めても楽しみな選手がいます。その点はファイターズに似ています。
マサルの約束も果たせました。
ダイカンの涙はFAの決意でしょうか。
栗山采配は今年は素晴らしく吉井コーチの存在も大きく感じました。

これから酔いしれてゆっくりとシーズンを振り返ってみたいと思います。
ハムかつさんのブログを見るのがいつしか楽しみな日課になっていました。
一つのプレーが流れを大きく変える、野球って本当に奥が深く面白いスポーツだと改めて思います。
毎日の更新ありがとうございました。

おめでとうございます

やりましたね!
おめでとうございます。

いいゲームでした。
観戦中は熱が入るものの、自分としては負ける気がしないゲームでした。
ハムカツさんもおっしゃる通りに西川の初回のスリーベースヒットに始まり流れは常にファイターズにありました。
そんなファン目線にしっかり応えるチームになってくれました。

敵地での連敗から始まったこのシリーズですが、見事に建て直して日本一になったのは選手、監督、コーチ陣が成長した証です。

一度ハマってしまうと長いトンネルに入ってしまう今までとは違い、逆シリーズ男がいませんでした。
また、それを目立たせない監督も短期決戦の戦いができていました。
切り替えをサポートしたコーチもさすがです。

存在は大きいものの、大谷だけが目立つシリーズではなく、チームとして掴んだ優勝です。
また、忘れてはいけないのがマサルさんの存在。これも大きなプレッシャーにならず(笑)適度な後押しとして必要なものでした。重苦しくない、適度に穏やかなチームの雰囲気。私は大好きです。
また、このシリーズは外国人選手も良く活躍してくれました。

シリーズ最優秀選手レアード、最優秀でもおかしくない、優秀選手バース、大事なところでのロングリリーフのメンドーサ。
ポストシーズンでここまで活躍してくるとは嬉しい限り。特にレアードは、祖父の件もあり、頑張りましたね。
ゲーム中の気合いも、寿司パフォーマンスだけではない、ファンサービスも日本人が見習うべきところがある選手です。
選手本人に加え、スカウト陣も嬉しいでしょう。
寿司大好き、レアードも大好き!

(一夜明けても書いているうちに、また少し壊れかけちゃってます)

ありがとうファイターズ。
ハムカツさんにも、どうも、ありがとうございます。
ファイターズの存在を更に大きなものにしていただきました。

やはり、ファイターズ最高!

感無量

私もファンの一人として10年ぶりの日本一は素直にうれしいです。

この試合の勝因の1つ目は1,2番の出塁でしょうね。この第6戦にして1番西川が4回、2番中島が5回出塁して野村をはじめ広島投手陣のプレッシャーを与え続けたことだと思います。ここ5試合はなかなか出塁できなかったに、あの第5戦で吹っ切れたかもしれませんね。

2つ目が8回表の攻防ですよね。この攻防はファンの立場を抜きにして面白かったですね。満塁の中田の場面でネクストサークルで大谷を立たせて、アップアップのジャクソンにプレッシャーをあたえてフォアボールを与えるというねちっこい精神攻撃で1点取ったんですからね。このあとジャクソンのリズムが崩れて最終的に6点も取ったんですが、流れって一度崩れるとこんな風になるもんだなと実感しました。

日本シリーズ通しての勝敗のポイントは監督はじめベンチの経験値の差でしょうね。栗山監督はじめ首脳陣はここ数年で多くの短期決戦を経験し、しかも今年は終盤の優勝争い、CSと多くの修羅場を経験しその経験を踏まえた柔軟な采配が出来たと思うんですよね。

一方の緒方監督はじめとした広島ベンチは今年久しぶりに優勝して、それも6月以降ほぼ独走状態で修羅場があまりなく、短期決戦もCSぐらいしか経験がないまま日本シリーズに入ったので采配のパターンを固定しそこに過信しすぎたんだろうと私が推察します。なので、チバFさんがおっしゃるように勝ってるときは良いんでしょうが、上手くいかなくなったときに後手に回りがちになるんだなと私は采配を見ていて思いました。


でも、広島も本当に強いチームで力自体はうちのチームとほぼ互角だと実際に見て思いますよ。DHありの打線をみると、パリーグの上位のチームととほぼ互角に戦えるような打線に思いますしね。いろいろ言われる緒方監督の采配に関してもこの敗戦を生かして次に生かしたらいいと思いますよ。栗山監督も4年前に同じような敗戦を経験してますしね。

最後に、ハムカツさん今シーズンのブログ更新お疲れさまでした。オフシーズンは何かしらの振り返りがあると思いますがその時はまだよろしくお願いします。

Re: チバFさん

ありがとうございます。

最初はいいようにやられていたんですがいつの間にか相手の采配が窮屈になってくる、それを感じたシリーズでした。

試合を重ねるに連れ継投のワンパターン化が顕著になってくる。ペナントではそれでも勝てるんですがシリーズの用に何度も同じ相手とやる場合ではさすがにキツイですよね。しかも同じようなタイプばかりですから尚更です。

マサルの約束果たせましたね。言葉って恐ろしいとマサル本人が言ったらしいですが、たしかにすごいことですね。

ダイカンはどうなんでしょうね。今朝の報道を見ると残留、退団真っ二つ。あの涙の意味は自分への不甲斐なさなのかそれともファイターズで最後という意味なのか、もう少しあとでわかりそうです。

本当に今季は野球の面白さそして怖さを感じたシーズンでした。こんなブログにいつもコメントいただきありがとうございました。

Re: クールリーマンさん

おめでとうございます!!


よくあの連敗から立て直しましたよね。本当に選手を始め今年一年でたくましく成長したそんな感じがします。仰る通り去年までだったら4連敗していたと思う流れを逆に4連勝ですからね。大したものです。

そうですね。逆シリーズ男になりそうな人はいたんですがそれ以上の活躍で不振を帳消しにしてしまう。まあダイカンと大野が冴えませんでしたが市川ら他の選手が見事に穴埋めしましたね。

外国人3人の働き大きかったですね。レアードは期待していたのですがメンディ、バースが嬉しい誤算でした。バースはタイムリーまで打ってしまうんですから、こんないい選手だったの?と再評価しないといけませんね。

こちらこそいつも見に来てくれてありがとうございました。

Re: 北の日ハムファン さん

おっしゃるように西川、中島の二人が見事に機能してましたね。それで試合が今までと違う攻撃的な試合になっていったように思います。

ジャクソンが崩れた理由って色々あると思うんですよね。西川が執拗に走る構えをしていたし、エルドレッドが余計なことをして試合が中断したり、大谷の代打の構えはどれだけ影響あったんでしょうかね。皆さんその影響について仰られているんですが同点で2死満塁で4番と対峙しているときにどれだけ次の打者を気にするのか、そこが不思議なんですよね。僕は8回から投げると思っていたのでカープ側もそこでプレッシャーがかかったんでしょうか。

カープの経験の無さがシリーズが深まるについて出てきた感じでしたね。攻撃力、投手力は遜色ないと思いますがやはりシリーズを勝ち抜くにはベンチワークを含めたチーム力が最終的に必要。うちも巨人に2度そこを見せつけられましたからね。カープが来季以降も上位にいるには、その部分を強化することのような気がします。ベンチワークの差がなければ本当にこのシリーズはわかりませんでした。

毎度コメントいただきありがとうございました。オフもゆるりとやっていきますのでよろしくお願いします。

日本一

やりましたね!!
やっと酒が抜けて書き込んでます。( -∀- )

しょうじきカープファンの熱量とどう戦うかと思ってたシリーズでしたが、思った以上の迫力で手こずりましたね。
若いチーム同士の戦いという事でミスも多かったですが、そのミスを引き出したのも両チームのファンだった気がします。
やっぱ技術とかそういうものじゃなくて、けっきょくは気持ちの強さがいちばん大事っていうのを再確認しました。
それはベンチも同じですよね。

僕はずっと野球を見てきましたけど、日本シリーズとかCSで普段通りの野球をって言ってるチームほど普段通りの野球に縛られて結果が出ない気がします。
緊張からミスも出るし思考も止まる。
そこをどう乗り越えて修正するかだと思うんですよね。
いろいろ考えさせられる日本シリーズでした。

いやしかし、僕らにはこれからちょっと楽な期間が始まりますね。
うれしいやら悲しいやらですが、とりあえずエネルギー充填して来シーズンにそなえましょう。

おつかれさまでした!
そしておめでとうございます!

Re: コンサどんさん

やりました!!

これだけお互いのホームのファンの熱いシリーズってそうなかったような気がします。広島での最初の2試合なんてテレビ越しからでもこちらが飲み込まれそうな感じでしたから選手たちもそうだったんだなと思います。


そうなんですよね。普段通りにやるというのはそうなんですが、それに何を加えないと勝ち抜けないですよね。CSは全戦ホームやらアドバンテージがあるからまだ行けるんですが、日本シリーズはそうはいかない。同じ相手と何度もなるわけですから、ペナントでは見えない弱点もつかれてしまうから思うどおりいかなくなる場合も当然あります。

ダメだったらどうしようか、次善の策を用意しておかないと厳しいなあと思いました。うちはマーティンが離脱してペナント終盤からスクランブル状態だったからシリーズでももしマーティンがいたらどうなっていたのか?ちょっと興味がありますね。

楽な期間というよりかちょっとファイターズロスに陥りそうです。(汗)。オープン戦がドームでやる頃にはエンジンかけられるようにはしておきたいです。^^

お疲れ様でした。そしておめでとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/2074-fefc87c3

 | HOME | 

文字サイズの変更

カレンダー

<< 06
2017
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

ファイターズ2017 (105)
ファイターズ2016 (195)
ファイターズ2015 (155)
ファイターズ2014 (135)
ファイターズ2013 (200)
ファイターズ2012 (222)
ファイターズ2011 (205)
ファイターズ2010 (216)
ファイターズ2009 (209)
ピッチャーコラム (9)
ハムハムゆるトーク2016 (34)
2015シーズン回顧 (11)
2013回顧 (7)
12年ハム回顧 (65)
11年ハム回顧 (49)
10年ハム回顧 (48)
09年ハム回顧 (41)
野球観戦記2009年完全制覇編 (78)
マスコット (17)
プロ野球 (92)
ハムかつオピニオン (8)
WBC2009 (9)
高校野球 (15)
大学野球 (1)
旅行記 (23)
スポーツえとせとら (11)
ごあいさつ (29)
MOVIE (1)
未分類 (13)
テレビ (1)
WBC2013 (4)
ももクロ (1)
顧客満足度について考える (1)

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村

ついったぁー!!

ゆるりとやってますのでよかったらフォローしてみてください。

ファイターズニュース関連

powered by プロ野球Freak

グーパーウオーク

検索フォーム

野球ブログはこちらから!

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

自己紹介!!

ハムかつサンド

Author:ハムかつサンド
FC2ブログへようこそ!

ファイターズファン歴20年のSHINJO、ガンちゃん世代(笑)という濃ゆーい個性派世代の一人です。ふるさと・ベイスターズも軽く応援していたりしています。

コメントについて

無記名の投稿、記事に関係ない記事は削除させていただくことがあります。 なお一部携帯端末からは投稿できなくなっています

今までの訪問者数

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん