ハムハムゆるトーク2016 #6 【11】大谷翔平(後編)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2016/11/23(水)
前回の続き。今回は野手を中心に書いていきます。

バッティングに関しては昨年は不振で投手一本ならもっと勝てるなんてことも言っていた方もいましたが、今季は見事までの進化を見せてくれました。

大谷の代名詞となったレフト方向へのホームラン。左打者が逆方向に当たり前のように飛ばしていく。逆方向のHRといえば二岡を想い出すのですが、技術的にはその二岡に近いものがありそうですが飛距離は段違いです。逆方向がここまで飛ばせるというのは外寄りが好きなんですが、リーチの長い大谷にとってインコースはやはり苦手。相手も今年は随分攻めてきてはいましたがでも全くインコースが打てないというわけではないです。

インコースが来るとわかると体の回転を速くし対応できる技術もあるし、場合によってはスタンドに放り込んでしまう飛距離もある。苦手のインコースを投げていれば怖くない、そう単純に攻められない怖さが相手のバッテリーにあると思います。

一方、低めの落ちるボールには苦戦していました。インサイドワークで無理ならば高低でと相手も変えてきています。得意の外目のところから落としてバットが空を切る、今後は落ちるボールの見極めが鍵になってきそうですね。

と書いてみましたが大谷の技術力はこちらで思っている以上に高そうなので難なくクリアしてくれそうな気がします。そうなるとどんなバッターになるのか。栗山監督がインタビューでメジャーに行くならバッターではないかと語っていましたが、現状では確かにバッター大谷のほうがメジャーでは見たいかなと思います。

あとは起用法についてですがやっぱり一年二刀流で出続けることは難しいですね。他の選手でさえも一年通して出場し続けるのは難しいのですが彼の場合は負担も大きいですからね。疲労も考えると難しいですね。

あとは性格面なんですが、彼はある程度の負荷をかけないと力を発揮出来ないタイプかもしれません。今季は投手として調子が上がらないときにリアル二刀流をやって投手として復調してきたということらしいのですが、能力があまりにも高すぎるために普通のことをしていると、どこかマンネリになるのかもしれません。本人もそこがわかっているからドラフト時にはメジャー挑戦を表明していましたし、それを覆してファイターズ入団を選択したのは二刀流という提案があったからでしょう。負荷をかけないと燃えない性格なんでしょうね。素直そうでなかなか難しいお方です(笑)

相手チームも魅了する大谷翔平。いつまで日本で見ることができるのかはわかりませんが、応援しているチームにこんな選手がいるなんてファン冥利につきます

印象に残った場面(打者編):7/3ホークス戦の一番ピッチャースタメンでプレイボールホームラン

印象に残った場面(相手チーム編):CS第5戦で165キロを出したときの内川の驚きの表情。球速表示よりも内川のあの表情が印象が強いのが僕だけでしょうか(笑)

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください


この記事へのコメント
彼の打撃練習を見るとあの飛距離は日本人では敵うものはいないと思うほど簡単に遠くに飛ばしますよ。ライナーで。あの飛ばす技術には驚きました。

それを持って、外角までホームランにできることなど、底知れないポテンシャルを感じます。

現時点では投手よりも打者のほうが完成度が高く、マウンドよりもバッターボックスのほうが余裕というか、風格さえ感じます。

それは、好不調もあるかもしれません。バッティングが好きなんでしょうね。また、自分は二刀流をやっているけど、本業は投手という無意識が働き気楽に臨めるのではないかと感じるほど、表情が違うと感じるのは私だけでしょうか?

メジャー移籍時はどうなるんでしょうね。投手か打者か、または二刀流か。

まずは、残り少なくなってきているNPBでどんな活躍を見せてくれるか楽しみです。
2016/11/26(土) 05:35 | URL | クールリーマン #ZEqp4aRo[ 編集]
あれだけ飛ばせる日本人打者って思いつかないですよね。中田が2年目のときに東京ドームでの打撃練習を見たときは飛ばすなあと思いましたが大谷はそれ以上なんでしょうね。ホームでは中々見ることが出来ないのが残念なところです。

大谷は試合を作れるというところで投手にこだわりがあるようなことを以前聞いたことがあったような気がします。打者のほうが個人の対するプレッシャーが少ないから、気楽にやれているところもあるかもしれませんね。
2016/11/26(土) 09:39 | URL | ハムかつサンド #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/2090-9a4ea5cf
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド