ハムハムゆるトーク2016 #14 【9】中島卓也

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2016/12/07(水)
ファール打ち

それが中島の代名詞であり武器であることは異論を挟む方はいないでしょう。それだけ彼の武器が世に認められ、それが相手にとって脅威となっているということでしょう。

ファールの数はダントツですし実際に粘って四球でつなげて後続が続いてビックイニングへの起点となる、その働きの大きさは何度も見てきました。内にとって今や中島のファール打ちはファイターズにとって欠かすことが出来ない武器になっています。

しかし、その武器もだんだんと相手に研究されてきています。中島のバッティングはポイントが他の打者と比較しても極端に後ろですのでボールを見極めてカットするには有効ですが、その分、速球や低めのボールに変化球に空振りするという場面も後半戦、特に目立ちました。

日本シリーズで「ファールしか打てないのか」と野次られていたのがラジオで聞こえたのですが「その通りです」と答えてしまいました。もちろんそんなことはないのですがその武器以外に他に何があるかというと打撃ではあまり出てこない感じです。

シーズンオフのトークイベントでHRを打ちたいようなことをいっていましたが、長打もあるところを見せられると相手投手にプレッシャーはかけられそうです。打撃スタイルが逆方向中心になってきているので引っ張りもあるところを見せるだけでも違います。

中島の打席で快感だったのが前進守備をあざ笑うかのようなライト線の勝ち越し2ベース。相手は引っ張ってこないと思っているからのシフトですが、その逆方向に飛んだことがわかった瞬間、勝ち越しというより、相手の逆を突くような打球を飛ばしてくれたことが快感でした。

バッティングの幅を広げることができれば堅実な守備もありますから、元中日の井端のような曲者になれるでしょう。出来なければ守備の人になっていきそう。中島が今度どんな選手になるか、この1,2年画かなり大事な時期になりそうです



印象に残った場面:9/13バファローズ先の勝ち越しライト線2ベース

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
打率は低いものの今の力を最大限に活かしているところが自分は好きな選手です。
ともすれば淡白に終わる打線に取っては時間稼ぎだけでもありがたく思えるくらいです。
とは言え、ハムかつサンドさんのおっしゃる通り、今後さらに打撃力を磨けば井端や宮本のようになれる存在だと思います。
守備、走塁、状況判断、精神力の強さはあるので、今後は賢介の後の内野陣、いやファイターズの野手のリーダーとして、チームを引っ張っていって欲しいと私は思っています。
2016/12/07(水) 22:28 | URL | クールリーマン #ZEqp4aRo[ 編集]
打率に関してはもう少し上にいけたなあという思いはあります。

中島の弱点としては悪くなると目も当てられないくらい何もできなくなることだと思います。不調期をもう少しなんとかできれば打率も上がるし、もっといやらしい選手になってくれると思います。

うちの野球の肝の選手なのでもっと成長して欲しい選手の一人ですね。
2016/12/09(金) 09:22 | URL | ハムかつサンド #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/2100-8396a7ef
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド