ハムハムゆるトーク2016 #16 【27】大野奨太

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2016/12/10(土)
長年続いた絶対的な正捕手不在の状況、今季で大野が一歩その座に近づいたといえるかもしれません。

その座に近づいた一番の要因はバッティングでしょう。打力はそれなりにあるはずだったのが2割を切るシーズンなどもあり、一時は鶴岡にも打率で大きく引き離されるシーズンもありました。鶴岡の退団以降は市川との正捕手争い、市川が打撃不振に苦しむ中、出番を増やして行った感じがあります。

意外性のあるパンチ力が大野の武器。それに加え、近年取り込んでいた右方向におっつけ気味に打つバッティングも見せました。通常はフルヒッターですがチャンスの場面、つなげたい場面ではしっかりおっつけるバッティングで打線をつなげてくれます。正確なバントも地味ながら貢献ポイントでしょう。

一方守りの面では自慢の強肩に安定性がありませんでした。いつもではないのですが二塁送球に安定感がなかったです。痛めている肘の影響とみているのですがキャッチャーとして一番の大野の武器でもありますからここは要改善になりそうです。あとはやっぱりリード。相手の嫌がるところを徹底的に責めるのが大野のリードの特徴ですが決まるとたしかに爽快ですが、それは逆にとるとワンパターンのリードとも取られてしまいます。その大野の弱点を突かれたのが日本シリーズ。エルドレッドに外のカットボールを連投させ、HRを打たれた第3戦は大野の悪いところが出てしまった感じです。徹底的に突くのは悪くないのですがもう少しリードに柔軟性が欲しいなあと思います。

選手会長としてキャプテンとしてチームをまとめ日本一に貢献しました。なかなかやんちゃな後輩も多いと思いますが来季も大野のキャプテンシーで上手くチームをまとめてほしいものです。

印象に残った場面:7/8 マリーンズ戦の2打席連続HR

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
おっしゃる通り、リードは。。。

しかしながら、抑え投手が幾度が変わり、二刀流選手が長期間登板がなかったりする中、苦労はあったんだと思います。
また、バッティングも向上しましたね。リーダーとしては誉めてあげたいと思います。
2016/12/10(土) 13:57 | URL | クールリーマン #ZEqp4aRo[ 編集]
ハムかつさんの仰ることにほぼ同意します。

そんな大野ですが、来年のWBCの代表候補に選ばれる可能性があるそうですね。

この前の強化試合では日本シリーズの不調を引きずったのかミスが目立ち、リード面でも悪い面が出ていた気がします。日本シリーズであれば負けても取り返すちゃんすがありますがWBCだと一発勝負に近い状況で戦うので、真面目すぎる大野がそういう重圧に耐えられるのか心配ではありますね。

大野や他のファイターズの選手に限った話ではないですが、小久保監督並びに首脳陣は選手の状態を見極めるのと選手の得意ば部分を伸ばす起用をやってほしいですね。語弊があるかもしれませんが、NPBの一流選手を掻き集めさえすれば勝てるだろうという驕りだったり、誤解している部分があるように私は見えてしょうがなかったですね。
2016/12/11(日) 13:06 | URL | 北の日ハムファン #-[ 編集]
投手陣も配置が変わったのはあるのですが、それを引っ張っていくのがキャッチャーの仕事ですからね。柔軟性がもう少しあれば変わってくるのですが。
2016/12/12(月) 19:14 | URL | ハムかつサンド #-[ 編集]
代表のことはあまり興味が持てていないので試合も全く見ていないのですが、この時期で選ばれるということは本番でき要する気があるからだと思いますので選出される可能性は高いといます。

相手の弱点をつくリードの大野なので結局はスコアラーの力が大きく関わって来るのかなと思います。ピッチャーを引っ張るタイプなので他球団の投手をうまくリードできるかも心配ですね。まあ正捕手は嶋でしょうから、よく学んで帰ってきてくれればと思いますね。
2016/12/12(月) 19:17 | URL | ハムかつサンド #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/2102-f409ea44
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド