ハムハムゆるトーク2016 #28 【37】矢野謙次

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2017/01/18(水)
うちで職人と呼べる数少ない選手。守備職人の飯山、そして代打職人の矢野です。

二岡が高い打撃技術と強靭なメンタルで常時安定した成績を残していたのに対し、矢野は読みで勝負するタイプ。読みがはずれるとハイ、それまでよ!になってしまうのですが、どんな状況になってもひたすら自分の狙い球が来るのを待つ、そういう姿はやはり巨人時代から代打の切り札で有り続けた選手なのかもしれません。

巨人時代は一時期外野の一角としてレギュラーを期待されていた時期もありましたが定着できず、代打で活きることになり、存在感を出しました。4打席を与えて結果を出すタイプではなく、1打席に集中して打席に立たせたほうが結果が出るタイプです。もっとも集中力の持続が難しいタイプでもあるようです。

この一瞬にすべてをかけるから、素晴らしい代打での働きを見せる一方、不振の時期は結構長いのがたまに傷。今からその面を改善するのは難しそうなので、見ている方からすれば、この一瞬にかける矢野の生き様を見られる間は見届けていこうかなと思います。



印象に残った場面:6/15横浜スタジアムでの9回先制2ラン。どこまでベイスターズが得意なんだか。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
代打職人として今年も健在ぶりを示して欲しいですね!

まずはコンディションを整えるところからですが、満身創痍でもここぞでストレート一本に的を絞り虎視眈々と狙うところに勝負師を感じますね。

6月15日のベイスターズ戦は現地観戦していました。
0対0の9回表の2ランでしたね。
ライナーでスタンドに飛び込むホームランでした。
これで勝ったと思った裏に増井が筒合に同点ホームランを打たれましたが、延長で中田がファールゾーンから風で押し戻されたホームランを放ち勝ちました。
序盤は若き先発投手の投手戦、侍の四番対決、その後のクローザー対決、代打職人など話題性もあり楽しい観戦でした。
2017/01/18(水) 21:33 | URL | クールリーマン #ZEqp4aRo[ 編集]
試合に出る状態になるかどうかが一番大きいですね。シーズン通していてもらいたい選手です。

たしか高梨と石田の投手戦でしたね。いい投手戦だっただけに終盤の2ランの撃ち合いになるとはちょっと予想出来ない試合でした。現地で見られて満足された試合だったのではないのでしょうか。
2017/01/19(木) 20:16 | URL | ハムかつサンド #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/01/22(日) 12:30 | | #[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/2123-2771bd8e
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド