ハムかつJAPAN、WBCメンバー発表(野手編)

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2017/02/13(月)
さて、前回に続き、ハムかつJAPAN代表発表の続き。今回は内野手、外野手の6名ずつ計12名を選出してきます。

ここで重視したいのはまずは打撃に確実性があるタイプを重視したいということ、そしてある程度のパワーを持っていること。確実性があってもパワーがなければ外国勢のパワーに押し込まれる可能性もあるので、それなりのパワーを求めたいところ。ミート>パワーと捉えていただければと思います。あとは守備力、走力を多少重きをおいてみたいと思います。

選出方法はまず各ポジションのレギュラー候補を選んでいき、、足りないところを他の選手でカバーできるような感じです。控え候補の選手は複数のポジションを守れる選手を中心に考えていきたいです。

まずは攻撃と守備の中心になる選手を選びたいです。攻撃は言うまでもなく4番打者。守備は二遊間です。

4番候補は僕自身は筒香の一択で行きたいです。現在のNPBの最強スラッガーは彼だと思いますのでまず彼を外野として選びます。
ショート、セカンドは守備力が高く打撃も優秀な選手。実はここは今しっかりしているんですよね。ショートは坂本で問題なしでしょう。続いてのセカンドは菊池と山田が候補。さあどちらをレギュラー候補に考えるとなると実はかなり悩みました。というのもチャンスメーカータイプの打者が少ないため菊池をどうしても外せないのです。山田をサードに回せればいいのですが実際にやって機能していませんでしたからその手はなし。山田をベンチに置いておくほどの余裕はさすがにないので、苦肉の策として山田をDH、筒香にレフトを守らせるということで進めていきたいと思います。

これからはポジションごとにレギュラーを決めていく感じで進めていきます。まずはサードですが、これは松田でいいかなと思います。川端もいいかなと思ったのですがパワーの面が物足りない、あと走力が意外にないんですよね。松田は守備力は定評あるし、意外に足も速い。ムードメーカーになる選手だし入れておきたい選手でもありますね。

ファーストと行きたいところですが、実は最後に決めたのがここでしたので飛ばして外野の残り2ポジションにいきます。

ライトは広島の鈴木にします。理由は神ってるから(笑)ではなく、スピード、パワーを兼ね備えて守備、打力も高い点ですね。センターは実はかなり悩んだポジションですがここまでチャンスメーカータイプの選手が少ないこと、あとは左打者が少ないのでそろそろ入れておきたいところです。秋山がまず頭に思い浮かんだのですがここは丸にしておきます。決めては今は3番として機能している中距離打者ですがトップの経験もありますので攻撃なトップになるのではないかと思います。

これでファースト意外のレギュラー候補が決まりました。そのファーストは内川と中田で最後まで悩みました。ここまで選んだ8人でオーダーを組むと筒香のあとの5番がいないんですよね。長打の中田かそれともアベレージの内川か。こうなると好みになってしまうのですが4番のあとは違うタイプのバッターがいいというところで内川にします。左右のバランスでTー岡田も考えたんですがちょっと弱いかなと思ったので内川にしました。

さああとの選手は複数ポジションをこなせる選手を中心に選び、もしものための備えをしていきたいと思いますが、まずその前に考えなければ行けないのがレフトの守備固め。守備力を重視して選んでいるんですがレフトだけはセカンドのどちらかをDHにしないといけないので筒香に守らせる必要が出てきます。ここで守備固めができる選手、そしてそれ以外に走力、代打あるいはスタメンでも期待できる選手がいればベストです。そんな選手がいました、西川です。西川にレフトを守らせて筒香DHという手もとることが出来ます。最もその場合は山田、菊池どちらかを外さないといけないのですが。

あと内野1名、外野2名です。内野はサード、ショートの控えがいないのでそこを守れる選手ということでロッテの鈴木大地をいれます。ショートの守備はちょっと心配ですがセカンド、ショート、サード守れてそこそこ打てそうな選手ですからサブとしておいておきたい選手です。

外野はレフトは2名選びましたのでセンター、ライト守れるような選手。鈴木がキャリアが浅いだけに不調に陥る可能性もありますからここはしっかりした実績のある選手を選びたいところ。糸井と柳田で迷いましたが両方ある程度の守備経験がある点では糸井に軍配をあげようと思います。最後の1名はファーストの控えがいないので一塁と外野を守れるような選手ということでソフトバンクの中村にします。彼なら粘れるしその上出塁も高いし、盗塁できる脚力はないがそこそこ足も速い。攻撃面でも使い勝手がいい選手だと思います。

最後にハムかつJAPAN28名をまとめます。

投手  菅野(巨人)野村(広島)石川(ロッテ)和田(ソフトバンク)
     涌井(ロッテ)牧田(西武)増井(日本ハム)千賀(ソフトバンク)
     宮西(日本ハム)秋吉(ヤクルト)平野(オリックス)増田(西武)岡田(中日)

捕手  嶋(楽天)石原(広島)田村(ロッテ)

内野手 内川(ソフトバンク)山田(ヤクルト)菊池(広島)坂本(巨人)松田(ソフトバンク)鈴木大地(ロッテ)

外野手 筒香(DeNA)丸(広島)鈴木誠也(広島)西川(日本ハム)糸井(阪神)中村(ソフトバンク)




チームごとに見てみるとソフトバンク、広島が5名ずつ、ロッテも4名とやや偏りはありますが12球団1名は選ぶことができたみたいです。糸井のチョイスはそんなことを少しは意識しましたが、所属球団考えないで選んだ割にはうまく選べたかなと思います。これなら各球団から選び過ぎというクレームはこないでしょう(笑)

最後に打線のオーダーを決めて終わります。

1番 センター 丸 2番 セカンド菊池 3番 DH山田 4番レフト筒香 5番ファースト内川
6番 ショート 坂本 7番 サード松田 8番 キャッチャー嶋 9番 ライト鈴木(広島)



あー長かった(^^;)ここまで読んでくれた方、本当にありがとうございます。(_ _)


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

この記事へのコメント
軸となる選手、筒香、坂本、菊池、山田の起用法は同じ考えです。
松田や鈴木も同じです。

後はハムかつさんが悩んだところが少し私とは違いますね。好みもあります。それと代表チームなので、スタイルや相性、所属チームをなるべくセットやコンビで選びます。

一塁ですが中田ですね。
これは筒香とセットで。
このふたりは同じ同時に出場させることが相乗効果があると思っています。

センターは守備力もある秋山に。
山田とともにアベレージも残せるのは秋山だと思っています。青木もいないので。

丸はキクマル・セイヤとセットで。
レフト、センターのサブ。打撃面ももちろん。
内川は松田とセット。気心知れたチームメイトとリーダーシップも期待して。もちろん打撃面も期待して山田、秋山のサブで。

こうやって見ると野手陣はセ・リーグ所属選手が多いですね。特に中心選手が。

次回WBCでは野手陣でもファイターズの選手が多く選出されるよう実力を磨いて欲しいですね。


2017/02/14(火) 20:29 | URL | クールリーマン #ZEqp4aRo[ 編集]
代表を選ぶとなると選ぶ人それぞれ違ってきますからね。その人の野球観や好みによって変わってきますから面白いですよね。

中心になる選手がセントラルが多いなあと僕も感じました。それなのになぜ交流戦や日本シリーズで勝てないのかが少し不思議です。一部の選手だけでは勝てないのが野球ですが、セントラルのチームはチームづくりがうまくないのかなと感じましたね。

2017/02/18(土) 09:59 | URL | ハムかつサンド #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/2134-0f11c8d0
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド