ルーキーに教えたのはプロの優しさ

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2017/04/06(木)
ファイターズ  1-  5 マリーンズ    
ニッカン式スコア

今日は結果を見てしまったので序盤しかチェックをする気がなかったので簡単に・・。

佐々木にプロの厳しさを教えるどころか、その佐々木に厳しさを教えたのは強風でした。そんな佐々木を雑な攻撃で助けてしまいました。

連続四球で石井が内野ゴロ、レアードが内野フライで、盗塁死。よく守りで自滅といわれるうちですが、どうも攻撃も勝手に自滅ですよね。ルーキーに非常に優しいチームです。その優しさがファンに愛されるんでしょうね(皮肉)

今日は打順をいじりましたが、中田の4番は絶対に動かさないのだから2番大谷は意図が見えないんですよね。中田の前にチャンスを作って点をとる野球をやってきているのに、これではどこで点を取るのかが見えてこない。昨日まで点は取れていたのに動いて点までとれなくなって負け越した感じです。

明日の上沢ですが、前回のイースタンの内容は無失点でしたがリズムは悪かったです。オリックスキラーはメンバーが入れ替わっても健在なのかわかりませんが、いい内容を期待したいです。


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください


この記事へのコメント
栗山監督は以前から攻撃的な2番打者を好んでいる旨の発言をされていましたような気がします。現に、監督初年度の開幕戦は稲葉を2番打者に起用していました。

セイバーメトリクスの統計?みたいなものでも、2番打者が送りバントをするよりも強硬策をとった方が点が多く入る傾向があるそうですよ。なので、栗山監督の中では出塁率の高い選手を2番に置きたいのかなという気がします。

ただ、監督の中で2番打者として想定していた賢介や中島が軒並み不調で、出塁率が高い大谷に白羽の矢が立ったのではないかと推測します。

ただ打線のつながりの悪さが目立つだけに今は2番打者には3,4番打者へつなぐ役割が重要だと思うので、中島のような小技を使える選手を2番に置いた方がまだ得策だと思うんです。そして大谷、中田で返すというパターンで今は固定しても良いと思います。

仮に奇策をするとすれば、一番打順が回る1番に大谷を持ってくるとかならわかりますけど、2番打者だとつながりが求められるので合わないと思います。

2017/04/06(木) 21:14 | URL | 北の日ハムファン #-[ 編集]
メジャーでは強打者を2番にするのは昔からやっていますが、ベイスターズ、イーグルスあたりもそういうオーダーを組んできます。

でもイメージとしては3番から日本ではクリーンアップというのを一つ前倒ししているようなオーダーのような気がします。そうなると3番に本来4番打者のようなバッターを入れないと機能しづらいと思いますのでそうなるとこの日のオーダーではあまり効果がないんですよね。

仰るように結局は大谷、中田で返すパターンなんですから2番まででチャンスを作ることをしないといけないんですが、このオーダーは何を目的にしているかが見えないんですよね。佐々木への陽動作戦にしても初登板でそれどころでないピッチャーにはあまり意味がないんですよね。ちょっと疑問がのこる采配でした。
2017/04/07(金) 21:48 | URL | ハムかつサンド #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/2164-bd3b204f
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド