斎藤で勝つ

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2017/05/31(水)
ファイターズ 6 - 1 ベイスターズ     
ニッカン式スコア

斎藤先発で勝利。何日ぶりに勝ったとかは興味がないんですが、今日のピッチングは安心して見られました。すべてのボールを低めに投げきりゴロピッチ。フォークもその他の変化球を低めに投げきれたのでゴロの山を築くことができました。

テンポも良かったのでさぞ味方の援護も、と期待したところが打線が拙攻の嵐。相手の熊原は荒れ放題と言ったピッチング。ランナーを出すも中々返せず、結局ランナーを還すことが中田の2本のタイムリーだけ。3点とってくれたからよかったものの、これで勝てなかったら斎藤も流石に浮かばれませんでした。

交替時期はまた不思議なタイミングでした。ランナーを出してからリリーフにプレッシャーを掛けてスイッチするというバトンを受け取る方も渡す方も嫌な形のリレーが大好きなベンチですが、せめて失点するまでは投げさせておきたかったですね。成功体験が少ないピッチャーだけに長いイニングを投げてもらう経験をさせておきたいです。とにかく先発が欲しいチーム事情ですから先発を育てることを忘れてほしくないですね。

中田は昨日の味方をくじく姿から一日で斎藤を助けベイスターズをくじく本来の仕事をしてくれました。打球もどんどん鋭くなってきましたし、これで上がってくれればいいんですけどね。それがなかなかねえ・・。

気になったのが初回の松本のバントでした。バントそのものよりバントという作戦を選んだことに疑問でした。初回の熊原は荒れ放題だったのですが、そこでなぜワンアウトを上げる作戦をするのか。しかも球が荒れているピッチャーにバントはそうたやすくはないと思います。結局進塁打も出来ず、ランナー釘付け。その後中田が打ってくれたので大事になりませんでしたが、オートマチックに送りバントという作戦はどうよ、と思った場面でした。

明日はちょっと変わった趣向でやってみます。2年ぶりにあの男が帰ってくるかも?帰ってこないかもしれないですが。



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください



この記事へのコメント
斉藤にしても中田にしてもこの状態が続いてこそチームがいい流れに乗っていけるんではないでしょうか?

斉藤の継投のタイミングは何か腫れ物に触るかのようにも見えました。何かチームに斉藤にまだ気を使う雰囲気があるんだと思います。なので、これから結果を残すことによってその気を使う雰囲気を払拭してもらいたいものです。


中田はようやくミートするバッティングが見られました。あとは、あれを続けていけるかどうか。調子に乗ってホームラン狙いになると途端におかしくなると思うので打点を稼ぐ意識でやってほしいものです。

松本のバントは先のソフトバンク戦のカードから強硬策が裏目に出る場面が多いので固くいった気がします。これが打線の状態が良ければいろんな作戦がたてられたと思いますが、あの時点では貧打でしたから先取点の大事さからとも感じました。
2017/06/01(木) 18:14 | URL | 北の日ハムファン #-[ 編集]
継投のタイミングは確かに不思議だったですよね。僕はなんだかんだ言っても監督は斎藤を特別扱いはしていないんだなということがわかったことが自分としては収穫だったのかなと思います。

中田は今日もバッティングはコンパクトでしたね。これで本当に上がってくると楽なんですがどうなりますか。

今日もなんですが、結局西川が出ても今回も型どおりのバントだったですよね。意図がはっきりあってのバント選択ならいいのですがどうもオートマティックにバントを選択しているだけのように感じます。相手の状態などもあるのでそこは考えてほしいなと思います。
2017/06/01(木) 22:23 | URL | ハムかつサンド #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/2214-64d44633
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド