負けて泣くなら勝って泣け!

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2017/06/04(日)
ファイターズ 3 - 4☓タイガース     
ニッカン式スコア

アウェイの環境は恐ろしい。

9回の増井のリリーフ失敗。そう思わずに入られませんでした。先頭の福留の四球はそれほど心配していませんでした。低めの制球はできており、2点あるし慌てなければ大丈夫、そう思っていました。

しかし、次の中谷も四球。この打席からフォークがやや叩きつけ気味、そして最後のボールも完全に抜けてしまいの四球。あれっ、これはマスイタイムではなくマズイタイムの始まりだったのか、そう思った瞬間でした。

多分いつもの環境だったら増井も先頭四球くらいでアタフタしなかったのですが、今日は甲子園、隙きを見せると大観衆が騒ぎ出す、ビジターチームにとっては魔物そのものでした。昨日の気まぐれな風も厄介ですが、一番の難敵はやっぱり圧倒的な黄色い軍団。こう見るとスタジアムの雰囲気って大事だなあと思いますね。でも増井のキャリアなら乗り越えないといけないですけどね。

先頭から3連続四球で無死満塁。しかしよく同点で切り抜けたという感じでしたね。これで勝ちは厳しいかなと感じました。先発を早めにさげ、勝ちパターンの継投をしっかりつなぎ最後で崩れる。そんな負け方仙台でしましたが、今日もそんな展開でした。

試合が決まったのは11回。ピッチャーはよく燃える化学繊維エスコバー。なぜかセカンドは賢介から石井に交替。守備固めの石井は必ずやらかすのでこれはこの回までだと観念しました。

エスコバーがまず歩かせ、その後送りバントの処理で大野が悪送球。鳥谷が送ったのですがあのエスコバーにバントなんてまた顔面に当たったらどうしようと思いましたがバットに当ててくれてよかったです。エスコバーは球だけは早いですからね。

その後1アウトをなぜかとり、原口はショートゴロでお誂えの併殺コースをセカンド石井がポロリでオールセーフ。ポロリは深夜番組の生放送だけで結構です。(今はないか)それにしても石井はまたしても途中交替でやってしまいます。その後岡崎がまたしてもヒーローになるサヨナラヒット。岡崎の粘りより、あのエラーで試合は終わっていましたね。

石井は試合後泣いていました。去年ならこれを糧にと誰かに書きましたが、石井は毎度ですからね。それにしてもうちの若手はよく泣きますね。今季ビジターの成績がひどいことになっていますが、こういうのをみるとうちの選手のメンタルの弱さって気になりますよね。

僕のミスで負けたらどうしよう、ではなく大事なところでミスをしないようにしなければいけない。リリーフ失敗して先発に白星が消えても謝らなかったヒサシのように、少しは図太さを見に付けてほしいと思いました。負けてなくなら勝って泣け!誰かそんなことTVで言ってたっけなあ。

この3連戦ですが試合的に非常におもしろいゲームでした。やっぱりクローザーは大変だなとも感じた試合でした。札幌ドームでは広島、巨人が相手。セリーグ最強と大変な状態になっているチームが相手。別の意味でやりづらさがありそうですが、慣れている環境なら大丈夫だよね?

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください



この記事へのコメント
今年の阪神の打撃陣は選球眼が良くて、去年に比べると相当出塁率が高いという話をテレビで見たことがありました。今日の試合でも増井の落ちるフォークボールを福留、中谷が振らずに四球で歩かせてしまったことでバッテリーがあの甲子園の雰囲気も相まってパニック状態になったのが乱調を招いたと思います。


その中でもNHKの解説で宮本氏が言ってたのは、中谷の時に2ストライク1ボールのときに高めの釣り玉を投げたんですが、選球眼の良い阪神の打者に対して無駄なボール球は必要なかったのではないかということでした。私もその意見に納得でその後落ちるフォークを見切られて案の定増井がおかしくなってしまいました。


増井と大野のバッテリーに言いたいのはベストの投球ができればもちろん良いですが、今日は不安定要素が多く存在する中だとそれが出来ない可能性もあるので自分たちができるベターな攻めをしていればあんなことにがならなかったと思うので、仰るように敵地の雰囲気に呑まれたというのはあってはならないことだと思います。


石井は今日のゲームで委縮しないかなというのが凄く心配です。むしろルーキーをこういう状況に追い込んでいるレギュラー陣の方が問題だと思います。私はルーキーのミスはレギュラー陣がカバーするのが強いチームだと思うしそれが当たり前だと思っています。それが出来ないからこの位置にいるんだなというのを認識した今日のゲームでしたね。


話が変わりますが、今日有原が2軍の交流戦のホークスとの試合に登板したそうです。ホークスのメンバーは本多や長谷川などの1軍クラスの打線だったんですが結果は5回7安打4失点の惨憺たる有様だったそうです。まだまだ1試合だけとは言え、有原がこれから立ち直れるのかすごく心配です。


2017/06/04(日) 21:06 | URL | 北の日ハムファン #-[ 編集]
中谷の四球が大きかったとは思います。

宮本氏の解説は僕も聞いていたんですが、僕は無意味とは決して思えないんですよね。低めのボールに手を出さないから、高めのボールで目線を上げて、低めのボールで勝負する。リードとしては高低差をつかった王道的なリードなんですよね。次の低めでボールになってしまったことで歩かせてしまった、正直僕はあのリードは間違えてなかったと思います。その低めを見きった相手打者のほうが上手だったと思います。

ルーキーのミスをレギュラーでカバーするとおっしゃられていますが、あの場面はレギュラー陣は関係ないと思います。今の賢介と石井の守備を比較してベンチは石井のほうが守備力は上と判断しただけではないでしょうか。石井はショートでずっと出ていて、サード、セカンドと違うポジションで守備固めですから厳しいとは思いますが、でもこう続けてやらかしてしまうと、起用法は考えないといけないでしょう。石井はあれで萎縮しているようでは、厳しいですがプロでやっていくのは無理でしょう。ミスしてもまた使ってくれるベンチに感謝しなくてはいけない立場だと思います。普通に守備固めさせるなら他にもファームにいるとは思います。

有原はあまりアテにしていないというのが僕の本音です。あれだけ我慢して先発で使っていたのに一向に変わらない。彼のバア愛は技術以前に考え方の問題なんでそれが変わらないと厳しいとみています。でも10日たったら上げそうですけどね。
2017/06/05(月) 19:38 | URL | ハムかつサンド #-[ 編集]
11回に田中賢介から石井に交替したのは、守備固めというよりも(それもあるかもしれませんが)、エスコバーに打順を回さずに、11回と12回を投げてもらいたかったからではないでしょうか(あの時点で残るピッチャーが玉井だけなので)。鍵谷の打順にエスコバーを入れてしまうと、12回表を迎えた場合、回る可能性があるので、田中賢介の打順にエスコバーを入れたのだと思います。まあ大野と清水を交替して、大野の打順にエスコバーを入れる手段もあったとは思いますが、そうすると鍵谷の打順に清水を入れなくてはならず、清水よりも石井の方が打つ可能性があるということで、この交替になったのではないでしょうか。結果エスコバーが打たれ、石井もミスをし、裏目になったということだと思います。

普通に守備固めをさせるなら他にもファームにいる、というのは多分飯山のことですよね。ただ彼がここまで一軍にあがってこないのは、何か理由があるのではないでしょうか。私も飯山の今の状態は分からないのですが、守備固めに飯山というのは、首脳陣も分かっているはずであり、それをしないのはできない理由があるのだと思います。

>有原はあまりアテにしていないというのが僕の本音
有原の最近のピッチングをみていると仕方ないのかもしれませんが、1年前「やっぱり楽しい有原のピッチング」という記事を書いていたハムかつサンドさんに、こう書かれてしまうと淋しいものがありますね。
2017/06/06(火) 03:07 | URL | 一言 #-[ 編集]
DHがない試合というのは難しいですね。投手をどこにいれるか考えないといけませんから、その時々の選手起用が重要になるのですが、あの場面で使えるのはエスコバーと石井しかいなかったということなんですよね。玉井のほうがいいとは思ったのですが、中1日でしかもルーキーということを考えるとさすがに酷だったかもしれませんね。

仰るように飯山のことですが、濁して書いたのは飯山の状態が不透明ということもあるのですが、それ以外にもファームには二遊間をしっかり守れる選手はいないのかな?という疑問からです。渡邉が前日に抹消されていなければ、彼の選択もあったのですが、このポジションで経験値の高い選手が少ないんですよね。石井を何とかしたい気持ちは分かるんですが、彼以外にも育てていかないと後々厳しいことになる懸念はあるとみています。

有原については、一年前は確かに見ていて楽しかったですね。なぜこう変わってしまったのでしょうね。昨年はどう抑えるというピッチングの意思がはっきり感じられたのですが、今年はただ漠然と投げているようにしか見えないんですよね。そういう状態ならファームで1,2度調整しただけでは改善できない状況かなと、そういう意味でアテにできない、しちゃ酷かなという想いです。
2017/06/06(火) 19:06 | URL | ハムかつサンド #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/2218-aebb4c43
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド