上沢が止めた

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2017/07/09(日)
ファイターズ 2 - 0 ホークス     
ニッカン式スコア

昨日最後に上沢のまっすぐがホークスに通用するか? と締めたのですが通用しましたね。

真っ直ぐで詰まらせ、フォークの低めで打たせる、上沢は復帰後回数を重ねるに連れて投球内容が安定しています。そのピッチングにバックも応えます。3回ノーアウト3塁で柳田のレフトフライでタッチアップを狙ったサードランナーを松本が本塁で阻止。このプレーで今日は行けるんじゃないか、チームもそして球場自体がそんな雰囲気になりました。と録画を見て思いました(←録画かよ)

相手のバンデンも素晴らしかったですね。アウトローに150キロのまっすぐがビシっと決まり、投手戦の気配。バンデンが好物のレアードもあのアウトローガストライクとられてからナーバスになりボール球のまっすぐに手を出す、真っ直ぐで意識付けされるとカーブでずらされるわでいいところなかったですね。

そんななかで動いたのは5回、石井のストレートの四球でした。前の回の大谷あたりから制球が少しおかしくなってきており、石井の前のドレイクも仕留められず球数がかさんだ形。バンデンの綻びを生かさない手間はありません。市川がツーアウトから送り西川に託します。この作戦は打つ方に過度なプレッシャーがかかるのでやめて欲しい作戦ではあるんですが、今の打線を考えると頼れるの数少ない打者に期待するしかないでしょう。その西川が詰まりながら外野の前に落とし先制点をあげます。珍しいくらい試合運びが素晴らしいです。

しかし、素晴らしいままでいかないのが今のドタバタファイターズ。何でもないショートゴロをステップ一つ多めに踏んで石井が内野安打にすると柳田の外野飛球をドレイクのまずい守備でノーアウト2,3塁で中軸を迎えます。さすがに同点は覚悟しました。
しかし今日のホークスは優しいです。内川が簡単にピッチャーゴロ、デスパイネは打ち損じ。中村のあたりはレアードの好守でしのぎなんと無失点。こんな野球が今年見ることができるとは・・・。(←大げさ)

7回には市川のタイムリーで追加点。マーティン、増井と繋いで完封リレー。こういう勝ち方できるんですね。

松本は追加点の場面で凡退しましたがインコースをしっかり狙ったが松田の好守に阻まれてしまいましたが、相手投手としっかり勝負できてバッティングしています。西川、松本の並びだけは崩してほしくないですね。あとはどう並べても別にいいんですが、攻撃陣で唯一相手に誇れるのがこの上位のチャンスメークのところですからそこは崩してほしくないです。

1週間ぶりのご無沙汰です、と昔の司会者がいいそうなくらいの勝利ですが、明日からも3連戦。少しでもいい形でオールスターブレイク迎えたいですね。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください



この記事へのコメント
本当に上沢は良く頑張りましたし、少ないチャンスを生かして点もとれたし、松本剛の守備も良かったです。

ですが、ファイターズの野球の問題点は、基本、こういう形でしか勝利ができないことだと思います。これは、昨年から感じていたことですが。

よく、ファイターズの野球は守り勝つ野球、先発が我慢して試合を作ることが大切、ブルペンのチーム等言われます。逆に言うと、投手がだめなら試合にはならない、つまり今日の上沢のように、無失点か、それに近い形でいかないと、ほぼ勝てません。

良い例がメンドーサで、点をとるとすぐ吐き出す等、さんざんな言われようですし、確かに彼の責任が大きいとは思いますが、そもそも彼は、防御率3点代後半の投手なので、1~2点をとって勝て、というのが無理な話で、打線が安定して4~5点をとらないと勝てないのに、そういうゲームが、メンドーサのときにほとんどありません。今日の上沢のような勝ち方が常にできるのは、エースクラスの投手だけであり、安定して点をとることを考えないといけないと思います。

具体的に、どうしろといわれると困るのですが、投手力、守備力だけを大切にするのではなく、打つこと、点をとることも重視して、バランスのとれたチームになってほしいと思います。
2017/07/10(月) 00:32 | URL | 一言 #-[ 編集]
ここまで上沢が頑張ってくれるとは予想外でした。

ブログにもあるノーアウト2塁3塁をしのいだ時の上沢のガッツポーズを見ていると相当アドレナリンが出ていたと思うし、松本、レアードの好守備を見ているとこの試合はチームのモチベーションが高くていいゲームだったと思います。


結局、守り勝つにしても打ち勝つにしてもリズムよく野球ができるかどうかだと思います。今年は野手は小技が出来ずに拙攻を繰り返して、エラーが出るし、投手も援護点を貰った後に四球を繰り返したり、平気で長打を打たれると、お互いにフラストレーションがたまる試合ばかりで、野手と投手の信頼関係が崩れているように思えるんですよね。

今日は上沢の頑張りによってその信頼関係が見えましたが、こういう試合の積み重ねで信頼関係を再建してもらいたいですね。こういうのは崩れると再建するのには時間がかかるのでしばらく苦しい状態は続くとは思いますが近道が無いと思うので。
2017/07/10(月) 06:37 | URL | 北の日ハムファン #-[ 編集]
先発が試合をつくらないといけないのは、結局どんな戦いをするチームにしても大事なのは一緒なんですよね。攻撃力、相手投手の兼ね合いもあり、どこまで失点できるかどうかはその時によって異なりますが、今日の試合は悪い意味でわかりやすい試合だったと思います。

メンディの場合は失点の仕方がやっぱり悪いところが批判対象になってしまいますね。仰るように防御率を考えると打線の責任もあることはあるんですが、その点の取られ方が野手陣ががっくりしてしまうところはあるのかもしれません。昨日の上沢はやっぱり見ている方も勝たせたいと思いますから野手陣は奮闘したと思います。まあ打つ方ももうちょっと頑張ってほしかったと言うのは本音ですけどね。

先発が頑張らないと行けないのはもちろんですが、仰るように打撃の強化も大事です。今日の山崎は序盤の大量援護があったから完封できたわけですし、試合を優位にすすめるくらいの攻撃力は備えて欲しいと思います。
2017/07/10(月) 21:32 | URL | ハムかつサンド #-[ 編集]
昨日の試合はいい試合でしたね。上沢の気持ちがチームにいい効果を出したゲームでした。

そうなんですよね。ニワトリが先か卵が先か、という話になっちゃうんですけど、投手陣が抑え続けると攻撃陣も安心して点を確実に取りに行けますし、打撃が好調だと投手陣もある程度の失点を怖がらずいけるので大胆に攻めて行けて好結果になる。うちにとってどちらを先に整備すればいいかなんですが、どちらもひどいので難しいところです。

それができれば、仰るようなチームのリズムが生まれてくるような気がします。昨日の上沢のようなピッチングが多く見られればいい試合=勝てる試合が多く見られ、チーム成績も少しは向上すると思います。と書くのは簡単ですがやるほうは大変だとは思いますけどね。
2017/07/10(月) 21:38 | URL | ハムかつサンド #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/2246-bf2d3d77
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド