一人相撲横綱斎藤

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2017/07/11(火)
ファイターズ 1 - 8 バファローズ     
ニッカン式スコア

今週から大相撲の名古屋場所が始まりましたが、ファイターズきっての話題だけ横綱こと斎藤が見事な一人相撲を見せてくれました。

4回で被安打11もそうですが、まあ守備が素晴らしい一人相撲です。2失点目の場面はピッチャーゴロで三塁ランナーが飛び出したところ、見事な上手投げ。キャッチャーの清水がとれず失点。横綱斎藤佑樹の相撲はコレだけで終わりません。ファーストゴロになぜかカバーに入らずオールセーフ。ゴロを処理した中田も味方のトリックプレーに引っ掛けられ、ベンチもこのプレーに首ひねりです。

本塁送球も何をあそこまで速い送球はいらないですし、取りやすいボールを投げるという配慮がありません。ベースカバーはもってのほか。右方向の打球はピッチャーの一塁ベースカバーが原則ですが、それを怠る。基本を忘れている選手は鎌ヶ谷に呼び戻しですね。 相撲でも押し出しはなかったのが救いですね。

斎藤の活躍を期待したファンには今日の内容はとんだ肩透かしでした。明日は大谷が今季初登板。前回の内容も見ると思い切り心配でこの判断は勇み足になりそうな気もします。そんな僕のような心配をうっちゃてくれればいいですね。

ということで今日は相撲の決まり手でまとめてみました。いくつあるかわかりましたか?自分もウィキペディア見ながら書いているのでえらそうなことはいえませんが(笑)




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください



この記事へのコメント
独特な発想ですね。確かに、決まり手の名前がいくつも使えそうな今日の斎藤の投球の批評でしたね。

今日の斎藤や中田にしてもそうなんですが、栗山監督はいろんな起用法で彼らに発奮を促していて、その想いを感じて成績を上げることがチームの浮上に繋がるということ何でしょうが、今年はそういう選手達の結果が出ず片想いに留まっているのがこういう位置にいることの表れでもありますよね。


この前の中田1番の時は本人に事前に知らなかったらしく、意図が分からなかったそうです。私は思うんですが、本当に戦力になる選手であるならもっとコミュニケーションをとるべきだと思います。起用した意図を説明することもそうですが、不調の選手は原因が分からないから袋小路に入っていて、SOSのサインが出ていると思うので、その段階でコーチが相談にのって上げるべきだと思います。

うちのチームは基本的に自分で考えて練習をして、困ったときは自分でコーチに聞きに行くやり方らしいんですが、斎藤にしても戦力だったらもっとコーチが干渉しても良いと思います。いや、やっていると思いますが、本人が頑固だけなのかもしれませんね。
2017/07/11(火) 22:23 | URL | 北の日ハムファン #-[ 編集]
斎藤が打たれることには慣れているし、斎藤が投げる時、エラーで足を引っ張られている印象はあるのですが、自分でエラーをしてしまう斎藤は、初めて見た気がします。フィールディングが悪い投手ではないはずなので、何があったんでしょうね?よく分かりませんでした。

明日の大谷については、前回登板時に自分で、まだ一軍で投げるレベルにはないと言っていたことと、足に不安のある状態でフィールディングが大丈夫なのか、という心配もあるので、期待はしないで見守りたいと思います。
2017/07/11(火) 22:47 | URL | 一言 #-[ 編集]
やらされる練習よりも自らやる練習のほうが効果が高いというのが考え方ですからね。昔のやり方ではコーチが手柄を立てたくて、アレヤコレヤいじって潰してしまったという話はよく聞きましたが、それよりはずっといいと思います。チームとしては出てきてほしいのですが、本人がその気がなければそれでいい、という考え方かもしれません。

といってもある程度のアドバイスはしていると思います。コーチの指導力不足もあるような気がしますね。
2017/07/12(水) 20:47 | URL | ハムかつサンド #-[ 編集]
そうなんですよね。フィールディングはいい選手なんですが、悪送球はともかく、ベースカバーを怠るという姿は目を疑いしました。集中力が切れたのかもしれませんが、そういう立場じゃないんですけどね。
2017/07/12(水) 20:49 | URL | ハムかつサンド #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/2248-b61da842
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド