7月の衝撃

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2017/07/31(月)
お久しぶりです。

さすがに今日は書かないといけないですね。


谷元圭介投手トレードのお知らせ(球団公式)

北海道日本ハムファイターズの谷元圭介投手(32)が金銭トレードで中日ドラゴンズへ移籍することが決まりましたので、お知らせします。

谷元投手コメント

「正直、驚いています。気持ちを整理するのは難しいですが、必要とされて移籍するからには頑張るしかないと思います。ドラフト前のテストをへてプロの世界へ導いてもらい、ファイターズにお世話になってこれまで苦しい思いも楽しい思いもしてきました。一番の思い出はやはり昨年の日本シリーズで最後のマウンドに上がれたことです。ファイターズに入ったからこそ、今の自分があるのは間違いありません。これからドラゴンズで活躍することが、監督・コーチ、選手、スタッフの皆さんへの恩返しになると思っています。また、ファンの皆さんからいつも温かい声援をいただいて、それが力になりましたし、感謝しかありません。これからも一選手として応援してもらえたらうれしいです。8年半、ありがとうございました」



糸井のトレードも衝撃でしたがあのときは、当時二遊間が弱くレギュラークラスの大引を獲るという明確なビジョンがありました。それに糸井が契約更改でもめていたこともあるので、予感はさすがにないのですが、じっくり考えると考えはわからなくはないのかなと思っていました。

先週のトレードの 杉浦⇔屋宜のケースも正直意図が見えないトレードと感じました。ここで記事をアップしようとは思ったんですが意図が見えず、書くことができませんでした。屋宜もリリーフ組だが一軍の層が厚く出番が無いから現在リリーフ急募中のスワローズに移籍することは本人に悪くないですし杉浦も故障が癒えれば、先発陣としてやれる。スワローズが今季、ファイターズが来季の備えをしたと考えれば、まあありなのかなとは思いました。

しかし、今朝このニュースを知って、このブログを書くまで正直気持ちの整理ができていません。ファイターズというチームを長く応援はしてきましたが

一番納得できないトレード

と感じています。谷元は日本一の際の胴上げ投手。FA権のからみもあり、金銭といってもFAの金銭補償よりは高い額で成立したのでしょうが、功労者をいとも簡単に売りに出す。ドライな経営、メジャースタイルの経営となぜかもてはやされているこの球団の経営ですが、谷元にもたくさんのファンがいる、そのことをフロントはわかっていないのではないのでしょうか。


若手の出番を出すために塩漬けにされるより他球団に移籍したほうが谷元にとってよかったのでは?という意見もあったのですが、普通は谷元らレギュラー陣と若手が競争して勝てば試合に出られるというのが普通なんですよね。若手を出すために力のある選手を使わない。勝つために若手を育成するはずなのに、若手を使うためにベテランを使わない、論理がおかしくなっているんですよね。

谷元のような経験のあるベテランは若手の育成に十分な経験を学ぶことができる存在なんですよね。若手を育てるのは試合に出すだけが方法ではない、先輩の背中を見ることが育成に結構大事なはずなんですが、そこがこのチームには欠けているような気がしてなりません。今の野手陣はその悪い面がもろに出ているような気がします。

谷元自身にしては子供の頃ファンだったチームでプレーすることができると考えればよかったのかもしれません。ファイターズフロントに後悔させるほどの活躍をドラゴンズでして欲しいです。

このトレードで球団に不信感を感じているファンも多いかもしれません。目先のお金を得るために大事なファンを失うほうが球団にとってマイナスのような気がします。これが終わりの始まりにならなければいいですけどね。


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください

この記事へのコメント
お久しぶりです。

意図的に穴を作って、若手の競争を促すということはこれまで球団が一貫してやってきたやり方で、その結果移転後リーグ優勝5回、日本一2回という成果は現実に残っているので評価すべきところではあるとは思うんです。

ただ、良い選手が入って来て一人前に育つことが前提の上でこのサイクルは成り立つので、今年のようなかつてないほどの低迷でしかも選手も球団の思惑通りに育たないと負のサイクルに陥って長い期間低迷するリスクはもうずっと前から言われ続けた話でしたよね。

球団としては今年は育成の年で数年後に日本一になる腹積もりなんでしょうけど、現時点で二遊間が固定できていない、中軸も不安定、先発投手も計算できないという言わばチームの軸が無い状態からどう打開していくつもりなのか私には何も見えてこないんですよね。

一連の補強やトレードは付け焼刃的なもので、特に近藤の故障以降の選手起用を見ていると投手陣は若手を起用しているようですが、野手陣でなにか若手に投資しようという姿勢が感じられず、勝ちに行くメンバーで戦って力負けし続けて生産性のない負けがずっと続いているように思えます。

一部の選手もある情報だと試合中にヘラヘラしているそうですし、これだけ歴史的な低迷をしているにも関わらずチーム全体がのんきに構えすぎだと思うんですよね。この谷元のトレードも含めて、チームの勝利とは別の思惑な動きがあるとファンが失望するのも無理もない気がします。

前に新聞に書いてましたけどある球団関係者も今のチーム運営のやり方にも限界があると言っているようでした、それが故の球団が自由に稼げる新球場構想なのかもしれません。私の勝手な予想ですけど、球団の育成、ビジネスモデルも新球場の建設の前後で大きな改革がある可能性があると思います。


ただ、それ以前に今はとにかく意地が見たいです。特に7月の戦いぶりは姿勢を含めて大きな期待を持ったファンを裏切る結果になっているので、ファンに希望を抱かせるような戦いをしてほしいものですね。
2017/08/01(火) 08:00 | URL | 北の日ハムファン #-[ 編集]
球団の判断が正しいと信じるしかないでしょうね。それができなければ距離を置くしかないでしょうね。
2017/08/02(水) 19:23 | URL | ハムかつサンド #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/2250-23a7e805
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド