波乱のドラフトから一夜、決戦の日まであと一日

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2011/10/28(金)
ドラフトから一夜明け、まあ人権蹂躙とかあいさつがないとか関係者というのはいろいろうるさいですな~。

まあお酒も飲める(?)成人の菅野くんですから自分の進路くらい自分で決めるんでしょう。彼はできれば叔父と一緒にやりたかったと思うけど、プロでやりたいという気持ちもほうが強いんじゃないかなと思います。

とにかく本人の意思とは違う結果にまわりが導かないようにと思います。

さて昨日あまりに情報がないので細かく触れることがなかったソフトの星、大嶋情報が入ってきました。

ニッカンの北海道版は

菅野を差し置いて彼が一面ですよ!

。13試合連続HRを記録したといってもソフトボールの世界なので野球の世界ではさすがに参考にはできないのですが、情報としては長打力が自慢らしいということですね。現役選手でいえばオリックスのT-岡田みたいな選手とのこと。

数年後ブレイクしたら登録名は

T-大嶋

で決まりでしょう(笑)

あの王さんを育てた荒川博さんが指導しているらしいのでバッティングは野球にも対応できるものがあると思いますが、でもどこ守るんでしょうか?もしかしたらDH専任だったりして。



さて、ドラフトで盛り上がった後は現実を直視する期間(笑い)のCSが始まります。

地元開催といっても初の1st STAGEなのでなんか微妙な気もしますが、また新たな戦いは始まります。

3戦勝負なのであっという間で短期決戦というか札幌ドームで西武を迎えて3連戦という感じもしないことはないのですが負け越したら終わりです。

ファイターズの先発は ダル、マサル、ケッペル 西武は涌井、西口、岸との予想です。

先発投手の対戦成績からみると西武を得意にしている投手がいないファイターズが圧倒的に不利なんですが、ここはダルの鬼のようなピッチングで初戦を取ることが条件です。

西武の3人の中では涌井が比較的打てているので初戦落とすと、月曜日の福住駅は静かになる可能性が高いでしょう。

初戦取ると、残り2戦岸、西口からどちらかなんとか1勝すればいいのでなんとかなります。この2人を打つことは確かに難儀なんですが、(対戦防御率 岸1点台、西口0点台)、しかしいいデータがあります。

それは

岸が防御率1点台でなぜか未勝利であること!!

岸の呪われているようなファイターズ戦の負け運に期待しましょう(←他力本願)


賢介がここに戻ってきます。正直シリーズまで行っても出番はないと思っていたので回復力には驚きなんですが、大丈夫なのかな?と思います。フェニックスリーグではプレーできてもいきなりのポストシーズン復帰で大丈夫なのか?これは2年前のダル先発のギャンブルよりリスクが高い賭けのような気がします。

見切り発車ではないと思いますが、つくづく梨田さんって実績重視の監督なんだなあと思います。もっとも代わりの選手の守備力では安心できないので仕方ない面もあるんですがね。


ファイターズの指名を受けた7名にファイターズっていいチームなんだ!というところを見せれるCSにしてほしいです。頼むからシーズン終盤の淡泊貧打は勘弁してね。







にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/903-ae8ad64b
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド