ソフトバンク盤石の強さと短期決戦の面白さ

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2011/11/06(日)
ソフトバンクがついに日本シリーズ進出を決めました。

ソフトバンクの強さが本当に目立ったシリーズでした。

投打で圧倒する勝ち方だけでなく、接戦でもしっかり勝ちきる力を持っているチーム。確かに弱点が見当たらない隙のないチームだなと改めて今回のCSで感じました。


では簡単ですがCS3戦目を振り返りましょう。

杉内、涌井の息詰まる投手戦は9回まで得点を許さず延長戦に入りました。

中村、フェルナンデスの連続2ベースで西武が先制。その失点でついに杉内が降板します。失点の瞬間杉内ががっくりとうなだれ、マウンドを降ります。

後続が抑え、10回裏、今度はソフトバンクが長谷川の起死回生のタイムリー2ベースで同点に追いつきます。その瞬間、涌井もがっくりと肩をおろし、マウンドを降りていきます。


杉内、涌井は本人たちは悔しかったと思うけど、ファイターズファンとしてはうらやましいなあと思います。うちにもいい投手はいるけど、限界ぎりぎりまで投げ抜く投手戦って最近見たことないですもん。

12回表で西武が勝ち越しできなかった時点でソフトバンクの日本シリーズ進出が決まり、最後はしっかりと勝ち切り、3連勝で幕を閉じましたが、試合のポイントとしては勝ち越した時点で涌井を続投させるかどうかの判断だったと思います。

1点もらったことで投手の心理状態は大きく変わることはよくありますし、それを回避するにも投手交代で流れをしっかりと相手に渡さないことが大事だったとは思います。


でも、誰も望んでないですよね?あそこまでいったら涌井で最後まで投げてほしいとは見ているファンならそう思うことの方が多かったはず。渡辺監督も元西武のエースだから涌井の気持ちはよくわかっていたんじゃないかと思います。もっとも牧田が昨日打たれているのも影響はしていたとは思いますが。


シリーズ全体としては短期決戦特有の流れのやりとりはなく、悪い流れになりそうになってもソフトバンクの力で流れを押し切るという強い勝ち方でした。2戦目の松中のグランドスラムが、ソフトバンクのCSの呪いを解いた一撃だったと思います。



CS3戦目を見て思ったこと

「パリーグファンやってて本当によかった!!」


一日早く始まったはずのセリーグのCSですがまだやっています。パ優先でみているのでじっくりとあまり見れてないのですが、お互い決め手がない感じはしています。どちらが来てもソフトバンク優位は揺るぎそうもない感じですがヤクルトが来た方がジャイアントキリング起こしそうな気はしています。小川監督の采配ってまさに策士という感じですもの

先発、リリーフお構いなしに投手をつぎこんでくるわ、公式戦出場ゼロの高卒ルーキーをこの大舞台でスタメンで起用するわで今までの常識を打ち破る采配をしてきてます。

巨人とのファーストステージのときも「うちは後のことは考えてない、今勝ちあがることだけを考えている」的な投手起用で勝ちあがってきたのをみていると、やっぱり短期決戦は今までの戦い方ではなく、その場その場の判断が勝利を導く、そうあらためて思いました。負けた原監督も小川さんほどではないがいろいろやってましたね。残念ながら裏目にでてしまっていましたが。


裏目に出ることを恐れ、何もしないで負けることが短気決戦でいかにもの足りないものか改めて感じる今年のCSです。先を見ることも大事なんだけど、目の前のことを一生懸命やっていくことが一番大事なんじゃないかと人生でもそう感じました。(大げさ?)

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/913-e44398d6
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド