鷹の圧力勝ち星を一つ戻す~日本シリーズ第3戦レビュー~

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2011/11/15(火)
ソフトバンクが二けた安打で快勝。一つ星を戻しました。

試合全体を見るとソフトの圧力勝ちといった感じがするのですが、その圧力をかけられたのはやはり先制点が大きかったです。

しかも先制点の取りかたがよかった。四球、サード失策で得たチャンスをここまでノーヒットの松田のタイムリーでとったわけですからこれはムードとしてもよかった。

相手のミスをしっかり点にしたこと、そして不振の松田が仕事をしたこと、中日としては松田を眠らせたかったのですがこれは目覚めるきっかけになるのかもしれません。

しかも逆シリーズ男候補として呼び声が高くなっていた(?)多村に2ランも出ましたし、ソフトからみると懸念材料が一つずつ解消されていく試合でした。

あとは内川が機能することですね・・。


終始ランナーを出すソフトに対し中日も少ないチャンスで点は取ったものの、これは2点ともとらせてくれた得点。そつがないとはいえば聞こえはいいのですが、ヒットでつなげればベストの場面で最低限の進塁打、犠牲フライですからあまりいい形ではありません。相手の計算内で得点をしただけですから試合の流れを変えるような得点ではありません。

しかし、今日の試合がこうなったのはネルソンの投球でしょう。いくらあの谷繁でもまっすぐが本調子でなく、制球がアバウトなネルソンではリードの仕様もなかったでしょう。本来のまっすぐがあれば違ったとは思いますが。


中日のウィークポイントも見えた試合でもありました。サード森野の守備、谷繁は走れる捕手であること、打線は最低限の仕事はするけど一押しができない打線であること。


こうなると今日の試合のように相手にプレッシャーをかけつづけることがソフトとしては大事になるでしょう。中日としてはやや先発が落ちてくるだけにこのナゴヤ決戦が踏ん張りどころ。明日、あさってで一つでも勝っておきたい中日サイドではあります。

ソフトも馬原も見切りました。7回の攝津は続投は厳しいかなと思いましたが、攝津に託し抑えましたが、ここは本来は継投に行きたかったと思います。しかし、リリーフの頭数を考えてこの7回まで任せたというところが実情だと思います。6.7回あたりのしのぎあいも今後のシリーズを左右しそうですね。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/923-d2bd50e1
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド