2011年度選手別回顧録#9 【44】鵜久森淳志~自信と壁を感じた一軍の舞台~

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2011/11/23(水)

【今季成績】
   42 試合 打率.246   本塁打 2    打点 6     
      盗塁   0    犠打 0    出塁率.266  長打率 .393


【今季の起用法】
 

代打が主、左投手時には先発も

【コメント】


プロ7年目での待望のプロ第1号!!


初HRの時もビデオ判定の末のホームラン判定ですからどこまで焦らすんだ!と言いたくなりますがこれはご愛嬌。2本目も早い時期にしかも本拠地札幌ドームでレフトに運んだあたり、それこそがウグらしいあたりでみんなが待っていた打球でした。

しかし、その後は相手に研究されたのか16打席連続ノーヒットでシーズン終了。プロでやっていける自信、そしてプロの壁を痛感したシーズンだったと思います。

ウグのデータを見ると,引っ張れたときはヒットになるが引っ張れず右方向に打球が飛んだ時はほとんどが凡打。あの杉内からの一発の印象が強いのでどうしても右にも長打が飛ばせるというイメージを持ちがちなのですが現状のウグは打球をしっかり振り切ることで結果を出してきます。

少ない四球、長距離打者なので仕方ないのですが高い三振率を考えるとまだまだボールの見極めができていない、そんな感じもします。

実際、終盤では変化球に完全にタイミングが合っていなかった印象もありました。

守りで計算ができない選手だけにどうしてもチームの編成上出番が少なくなってしまう選手なのですが、守りに目をつぶってでも打撃がすごいので使いたい、そういう選手になっていくしかありません。そんな意味では12試合先発中、5度守備についての先発だったので、わずかながらそんな選手に近づいてきていると思います。

フルシーズン一軍も見えてきてるだけに来季もとどまらず前進あるのみです。
 
【評価/10段階】

   

 
2010年回顧録

 
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/929-8e9a6bef
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド