たった一人になってしまったファイターズのゴールデングラブ受賞者

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2011/11/24(木)
糸井選手が3年連続でゴールデングラブ賞を受賞(球団公式)

守備のスペシャリストを表彰する「第40回三井ゴールデングラブ賞」の受賞者が本日11月24日(木)に発表になり、北海道日本ハムファイターズから外野手の糸井嘉男選手(30)が選出されました。
糸井選手は3年連続3度目の受賞で、授賞式は12月21日(水)に開かれます。

糸井選手コメント
「3年続けて高い評価をいただき、率直にうれしく思います。守備に関してはまだまだ満足していませんし、打球判断や送球の質を上げていかなければいけないと感じています。ピッチャーを助け、ファンの方々にも安心してみていただけるよう、これからもしっかり精進していきます」



糸井も3年連続の受賞、すっかりプロ野球を代表する外野手になったということです。しかし、今回はロッテの岡田に得票数1位を譲ったことを考えるとちょっとさびしいですね。もっとも岡田の守備なら一位で当然と感じる守備をしていましたが。


それにしてもファイターズがこの賞で一人だけというのは05年以来、6年ぶりの少なさ。05年のチームは守備よりも打撃というスタイルでしたので仕方ないのですが今は守備力を標榜しているチームとしてはやはり問題かもしれません。


もっとも記者の投票なので厳密な守備力を評価して投票しているわけでなく、あくまでも記者個人の主観ではあります。しかし、その主観がこの評価ということを考えるとやはり現在のファイターズの守備力は高くないと思われているということでしょう。

ちなみにダルが投手部門2位、小谷野が三塁手部門3位、ダイカンが外野手部門5位、大野が捕手部門3位。次点が多いなら救われますが次点はダルだけですから、やはり問題かもしれませんね。

常連の賢介が負傷で候補対象から外れていることも影響はしていると思いますが、それにしてもさびしい。


参考に北海道移転後の2004年以降の受賞者は以下の通りです。

2004年 1人 SHINJO
2005年 1人 SHINJO
2006年 5人 小笠原 賢介 SHINJO 森本 稲葉
2007年 4人 ダル 賢介 森本 稲葉
2008年 4人 ダル 賢介 森本 稲葉
2009年 6人 鶴岡 信二 賢介 小谷野 糸井 稲葉
2010年 3人 賢介 小谷野 糸井



こう見ると新たな守備名人が出てきていないことを感じますね。来季は初のGグラブ受賞者が出るようになっているとチーム成績もよくなっているんじゃないかと思います。

ダイカンあたりが外野の一角に入ってくれるといいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/936-e2541932
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド