紺田のかわりは紺田

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2011/11/30(水)
前読売ジャイアンツの紺田選手を獲得(球団公式)

北海道日本ハムファイターズは本日11月30日(水)、前読売ジャイアンツの紺田敏正外野手(31)を獲得しました。札幌市豊平区の球団事務所で契約後、記者会見した紺田選手は2年ぶりの古巣復帰に「帰ってきたな、という気持ち。またここで野球ができることをうれしく思います」と表情を引き締めていました。

20111130_71[1]


昨年オフに交換トレードでジャイアンツに移籍。度々スタメンでも起用されましたが、シーズン途中に右肩を痛めて21試合の出場にとどまりました。島田利正球団代表は「足と守備に関して、うちではまだまだやれると期待しています」と話し、本人も「自分の年齢くらいは走りたい(盗塁したい)と思っています」と意気込みを示しました。

12月5日に右肩関節唇のクリーニング手術を受け、照準を来シーズンの開幕に合わせて調整していく予定。「(今年のファイターズは)外から見ていてあともう1点、というのが多かったと感じています。自分の役割はそういう場面で仕事をすること」と話し、新たにまとう背番号67のユニフォームで持ち味の走力をフルに発揮する覚悟です。




まずはおかえりなさいませとお迎えします。

巨人ではスタメンもありましたがまさかの1年での戦力外通告。いろいろ事情もありますが本人にとっても無念であったことは言うまでもありません。

巨人ではファイターズと違う厳しい競争原理の中でもまれた経験はきっとファイターズでも活かしてくれると思います。

今回の獲得の経緯ですがトレードで放出した選手を自由契約で獲得するという珍しいケース。オビスポが戦力外通告されたこととあわせて、トレードの失敗と球団を糾弾する方もいるようですが、今回のケースは紺田を取り戻したかったということではないと思います。

結局は紺田の替わりが埋まらなかったので同じタイプの選手を探していたら紺田本人がリリースされていたので獲得したという狙いでしょう。

紺田の替わりを期待した村田が球団の期待に応える働きができなかったことが今回の獲得になったと思います。村田としては今年が最大のチャンスだったのですが逃してしまい立場も苦しくなりました。

しかし、紺田も以前ファイターズの在籍していた時とは違い、一年一年が勝負になってくることは重々承知しているはずです。今回の背番号が「67」と前回の番号より大きな番号を与えられたことだけでも感じていることでしょう。

戦力外という地獄を見た紺田、紺田の加入で尻に火が付いた村田、この二人が切磋琢磨してくれて外野手のレベルを上げてくれることを期待しています。

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/942-fd4d6af4
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド