2011年度選手別回顧録#32【18】斎藤佑樹~第5の先発としては及第点~

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2011/12/26(月)

【今季成績】
  19 試合 防御率 2.69   6 勝 6 敗 0 セーブ 0 ホールド
   107 回  被安打 122  被本塁打 5   与四死球 40  奪三振 62





【今季の起用法】

 先発

【コメント】

今季の成績が上出来とみるかそれとも物足りないとみるか人それぞれだと思います。
私は8勝前後と予想していたので当たらずも遠からずでありました。

しかし、なんだかんだいっても5回までは投げてくれていましたし、投球回数が100イニング超えていますし、5人目の先発、ルーキーとしては十分に及第点を上げれると思います。


さて、前半の斎藤佑のピッチングは正直今後プロでやっていけるか不安のほうが大きかったです。

結果的には抑えてはいるけれど、投球術とピンチに動じない強心臓で何とかしのいでいた内容でした。ピッチングの基本であるストレートが明らかに物足りなさがあり、本人も今のまっすぐで通用しないと気付いたのか、シーズン中盤には四球が多い時期もありました。

大学時代から過大な期待をかけられていて、その期待に応えるため勝つピッチングを強いられてきたツケが大学後期、そしてプロ1年目にまっすぐの球威不足そして慎重すぎるピッチングにつながっていたような気がします。

といってもピンチには滅法強いわけですし、正直どっちが本当の斎藤佑なのかはかりかねておりました。

しかし、今後に期待を持てるピッチングをしたのが10月6日の楽天戦。初回こそピンチを迎えましたがその後は完璧な内容で抑えます。その原動力はこれまでの課題だったまっすぐの向上。シーズン中ながらまっすぐの改善に取り組んできた結果がでました。次のオリックス戦も勝ちはつきませんでしたが内容は変わらぬいい内容だったので来季に大きく期待が持てると思います。

来季はなんといってもまっすぐの改善。あとは投球技術、マウンド度胸は問題ありませんので今季よりは飛躍してくれると思います。

それにしてもこれだけのフィーバーでよく1年間頑張ったと思います。少しは静かになる2年目はじっくりと調整できるといいですね。


 

【評価/10段階】

  


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/964-6bf6a140
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド