2011年度選手別回顧録#39 【24】陽岱鋼~2番打者失格?~

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2012/01/09(月)

【今季成績】
   141 試合 打率.274   本塁打 6     打点 36     
      盗塁 19      犠打 38    出塁率.308   長打率.365 



【今季の起用法】
 
2番 ライト



【コメント】

DHが使えなかった交流戦以外はほぼスタメン。レギュラー定着を図ることができた2011年シーズンでした。

打率も残しての141試合出場ですからレギュラーとしては及第点をあげていい成績を残してくれたと思います。

守備も今年は昨年以上に安定していましたし、選手が選ぶベストナインにライト部門で選出されるくらいですからリーグを代表する選手に少し近づいてきたと思います。

一打者としてまた一外野手としてのダイカンとしては及第点ですが多くを任された2番打者としては失格の烙印を押さざるを得ません。

打率の割に低い出塁率、そして134とリーグワースト1位の三振数では2番としての働きをしたとはいえません。
出塁率が低いということは四球を選べていないことにもつながりますし、三振数の多さは言わずもがなでしょう。去年も指摘しましたが打席での淡泊さが数字に表れてしまっています。

シーズン前半は10球以上粘ってタイムリーを打った試合もあったり、粘り強さを見せ成長を見せてくれましたがシーズンが経つにつれ、淡白ダイカンに逆戻りしてしまいました。

2番といえばバントですがうまくなりましたが3塁へ送るバントがあまりうまくなかったことを考えるとまだ完全に犠打バントをマスター仕切れなかったシーズンでした。

右方向のヒットも多くつなぎの意識は十分持って挑んでくれましたが、今後2番として大きく伸びるのは厳しいような気がします。今季は賢介離脱の後1番を打つこともあったのですが2番の時よりも高打率。本塁打数も打数が少ない割に同数の3本と、打撃に縛りを掛けない方がいいような気がします。来季はできれば6番あたりである程度自由に打たせてあげたいと思っています。SHINJOに近い打者なので長打力、脚力を活かすにはこの打順でいきるんでないかなと思います。

2012年はある程度伸び伸び打たせたいと思います。今季2番を打ったことはきっと財産になっているのでつなぎの意識はどの打順を打っても完全に消えることはないと思います。



【評価/10段階】

 

 
2010年回顧録

 
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/974-037cb82a
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド