2011年度選手別回顧録#43 【41】稲葉篤紀~大記録届かず優勝届かず~

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2012/01/14(土)

【今季成績】
   137 試合 打率.262   本塁打 12    打点 54      
      盗塁 4      犠打 7    出塁率.311   長打率.397 



7月度月間MVP野手部門受賞

【今季の起用法】
 
5番 ファーストかDH


【コメント】

開幕前、2011シーズンで2000本安打を達成できればチームは優勝する。稲葉自身シーズン開幕前によく語っていましたが、その言葉が悪いほうにあたってしまいました。

大記録は来季に持越し。2012年中には間違いなく達成してくれると思いますがその大記録が稲葉自身の花道になってしまうのでは?そう感じさせてしまうほど悲しい稲葉の神通力の低下がみられたシーズンでした。

今季は定位置の3番を糸井に譲り5番としてクラッチヒッターとしての活躍を期待されました。今季は出遅れた去年の二の舞を踏むまいと好スタート。今年の稲葉は大丈夫!そう感じていました。

しかし交流戦を迎えた頃から急失速。6月には月間打率が1割6分台まで落ち込んでしまいました。

ところが7月になると夏男の本領発揮で月間MVP、それも長く続かず得意であった8月が.267と平凡な打率に終わり、好不調が激しい一年となりました。

今年の成績を見ると安定感にかけるの一言。特に左右関係なしだった稲葉が対左投手の打率が2割をやっと超える数字ということが衰えを表してしまっています。

左が先発の時はスタメンを外れることがありましたし、チームとして絶対的な存在ではなくなってきたこと、稲葉への信頼が高かった梨田前監督の起用法の変化がそのことを物語っています。

栗山監督からはフル稼働を期待されています。それができないと肩をたたかれてしまう恐れもある2012年シーズン、全力疾走、サインなしで送りバントをしようとする自己犠牲精神とチームにとってまだまだお手本になってもらわないといけない選手です。稲葉はまだまだチームに貢献できる、そう信じています。


 
【評価/10段階】


 
2010年回顧録

 
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/978-1442a498
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド