新キャッチフレーズと新主将決まる

行くぜ!!日本一の向こう側!!
2012/01/26(木)
新スローガンが発表、新主将も発表、いよいよ新生ファイターズが始動を始めました。

2012年チームスローガンは「9+」(ナインプラス)に決定!(球団公式)

「9+」(ナインプラス)

2004年の北海道日本ハムファイターズ誕生から数えて9年目。個々の選手(ナイン)が日々努力を重ね、能力を高めていくことが前進を図るチームにとってプラスになります。また、いかなる時もチームを支え、期待や叱咤の言葉をかけてくださる「ファン」「ステークホルダー(地域社会、出資会社・スポンサーなど)」とも強い絆で結ばれていることを「+」の文字で表しています。過去、ファイターズはクライマックスシリーズ(プレーオフ時代も含む)に9度進出しており、新たな歴史の一頁を加え、2006年以来6年ぶりの日本一を目指す決意も示しています。



栗山英樹監督コメント
「私にとって選手やコーチ、彼らを支えてくれるファン、北海道というものは一つの家族です。ともに笑いともに泣き、全ての場面で感情を共有していきたいですし、そうした思いが凝縮されたフレーズではないでしょうか。ナイン一人ひとりの頑張りはプラスに作用するだけであって、マイナスに働くことはありません。皆で日本一に向かい、力を合わせていきましょう」



う~ん、チームというよりかファイターズ、それを取り囲むサポーター、ファンなどひっくるめたスローガンという気がしますね。

スローガンといえばどちらかといえば、選手がどうシーズンに向き合うか、そんなイメージがあると思います。去年のONEや一昨年のFeel Itとか。

別に選手用のスローガンをつくってもいいんじゃないかと思います。今回の9+は球団全体の指針として使ってくれればと思います。

今年のスローガンというからには来年には変わってしまうと思うし、この言葉1年だけで終わらせてしまうのはもったいないかと思います。

いい言葉なんだけど使うところが少し違ってしまったかな・・。

賢介が新主将に 栗山監督が次世代リーダーに指名(スポニチ)

日本ハムの田中が今季から主将を務めることになった。

 チームでは昨年まで3年間、稲葉が主将として強いキャプテンシーを発揮。チームを引っ張ってきた。田中は09年から3年間、選手会長を歴任。昨季限りでその重責を鶴岡に譲ったが、「稲葉のようにチームをまとめる意識を持った次の世代を育てていかないと」という球団の意向もあり、主将として白羽の矢が立った。田中は7日から23日まで沖縄・宮古島で自主トレを実施。今季は主将として新生ファイターズを6年ぶりの日本一に導く。



ま、順当でしょ。というか他にちょっと思い当りませんね。

いつまでも稲葉さんにお任せというわけにもいかないし、マックの再登板はもっとないでしょう。小谷野や糸井では荷が重い気もしますね。

賢介の後のチームリーダーって誰がなるんでしょうか。実はダルの後釜よりもそのことのほうが重大な問題なんではないかと気がします。

選手会長・ツルに主将・賢介。同い年がチームをいい方向に導いてほしいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
いい記事だなと思ったらポチっと押してください
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://hamkatsu.blog26.fc2.com/tb.php/989-12058203
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ハムかつサンドはたべものです All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド